2011年6月8日

結論:ツェフはすごかった

 
日産行ってきました。
 
 
サムライブルーシートっていう指定席のチケットで観戦したんやけど、
2階のこんな隅っこで見る羽目にはったわ。
 
一体、普通のゴール裏2階席とどう違うのか…?
 
 
日本00チェコ
 
 
日本はペルー戦に引き続き、3-4-3のシステムを採用。
 
まあ、実際は本田がトップ下みたいな感じやったから、
3-5-2と言った方がしっくりくるかも。
 
ペルー戦の時は、1トップの前田にくさびのボールが全然入らなかったけど、
この日は、チュンソンに良い感じでボールが収まってたし、
全体的な運動量も増えたように見受けられたね。
 
ただ、ペナルティエリア近くまでは持って行けるけど、その先が…
っていう感じで、なかなかシュートの形まで持って行けなかった。
 
それだけに、チュンソンと吉田が迎えた数少ない決定機は、
確実にモノにしとくべきやったね。
 
しかし、キリンカップ3試合やって、全部スコアレスドローとは、
結果だけ見れば、なんてシケた大会やって思ってしまうわ。
 
 
 
でも、シュートまで持ち込めたとしても、チェコのゴールマウスを守るのは、
現在世界最高のGKの1人に数えられる、ペトル・ツェフ。
 
岡崎のヘディングシュートや、それのこぼれ球に詰めたチュンソン、
遠藤のFKも、ツェフ以外のキーパーだったら、決まっていたかもしれへん。
 
それに、ツェフが凄いのは守備面だけじゃなく、ゴールキックやキーパースローが、
そのままカウンターの起点として、チャンスに繋がってしまうところ。
 
普段、藤ヶ谷のヘナチョコキックや、スローを見ている、
ガンバサポの俺からしたら、あのキックの精度と飛距離は驚愕のレベルやわ。
 
 
 
最後に、やっぱりガンバサポとしては、このペルー戦とチェコ戦の2試合で、
宇佐美が代表初キャップを刻むところを見たかった。
 
今月、宇佐美のバイエルン移籍が決定したら、“ガンバ大阪の宇佐美貴史”として、
代表のユニフォームを身に纏うことは無い可能性が高いだけに、
この2試合で出番が無かったのは、あまりにも残念すぎるね。
 
まあ、そんなこと言ってても、今週末にはリーグ戦が再開するから、
残された時間は少ないかもしれへんけど、宇佐美がガンバ大阪の一員であるうちは、
代表から持ち帰った経験を、ピッチの上に還元してほしいなと思います。
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿