2011年6月15日

平日の昼下がり、仙台に見慣れた光景があった

 
仙台行ってきました。
 
去年の夏、仕事の都合により、泣く泣く参戦を断念したアウェイの仙台戦。
そういう経緯もあり、今シーズンのJ1の日程が発表された時に、
絶対にこの試合には行こうと思ってたんよね。
 
まあ、その時は震災が起こる前で、
こんな状況で仙台を訪れるとは思ってもみなかったけど。
 
 
 
ガンバ大阪12ベガルタ仙台
 
 
未曾有の災害からの復興の象徴として、
地元のファンからの熱烈なサポートを追い風に、
ここまでリーグ戦無敗という、堂々とした戦いぶりを見せる仙台。
 
昨シーズンのオフに大型補強に動いて戦力を充実させたから、
今シーズンは上位争いに絡んでくるんじゃないかとは思ってたけど、
ここまでの好成績は予想外やったわ。
 
ただ、リーグ戦無敗とは言っても、前節の神戸戦やセレッソ戦みたく、
試合終盤の失点で勝ち点を落としてるイメージがあったから、
付け入る隙はあるんじゃないかと思ってたけど、
今のガンバにその隙を突くようなチーム力は無かったという事やね。
 
 
 
この試合、アキラは宮城県出身の佐々木をスタメンで起用してきたね。
 
おそらく、地元での試合ということで、
モチベーションも高いやろうからという理由で抜擢したんやろうけど、
あまり目立った活躍は出来てなかった。
 
佐々木自身の調子が悪かったようには見えへんかったけど、
これは、佐々木と二川が同時にピッチに立つと、
なぜか両者の長所を相殺してしまうというところからきてるんかな。
 
実際、二川もアドリアーノのゴールのアシストはしたものの、
消えてる時間が長かったしね。
 
 
 
前節の清水戦の後のブログで、失点を減らさなきゃ勝ち点は伸びないって書いたけど、
この試合でも、ガンバのDF陣は2失点。
 
実際は、よく2点で済んだなって思うぐらいのサンドバッグ状態で、
5,6点取られててもおかしくなかった。
 
あと、平井はいつまでアキラに許容されているんだろうか。
 
この試合でも、途中出場にも関わらずチンタラ歩いてるだけやし、
いざボールを持っても、足下に収められなくてすぐロストするし。
 
もうFWの3rdチョイスは川西にしてくれへんかな。
悪いけど、今の平井には期待が持たれへんわ

前節の清水戦で、若干復調の兆しがあったから、
ここからチームの調子は上がっていくかなって、期待はしてたんやけど、
その期待は脆くも崩れ去ってしまったね。
 
でも、もう中2日でマリノス戦が控えてるから、
あまりネガってばかりもいられへん。
 
ACLのダービー敗戦から続く負の連鎖は、次で断ち切らんとね。
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿