2012年3月26日

強豪・柏ユース相手に勝ち点1をもぎとる



磐田戦の感想を書こうと思ったんやけど、
あんな試合を見た後やとあんまり気乗りしないから、
後回しにして、ユースの試合の感想を書こうかなと思う。

土曜日に引き続き、横浜に遠征してきているガンバユースの試合を見に、
マリノスタウンに行ってきました。


話には聞いてたけど、ホンマにみなとみらいのど真ん中に練習場があるんやな。
そりやぁ、赤字なはずやわ。


ガンバ大阪11柏レイソル


新横浜で桐蔭学園を4-0とフルボッコにしてた柏ユースが相手やったから、
試合前から厳しい試合になるんとちゃうかなと思ってたんよね。

まあ、その予想に違わず、自陣に押し込まれる時間帯が続いて、
寸前のところで失点せずに粘っている感じやったけど、
後半の早い時間帯にシュートのこぼれ球を押し込まれ、先制点を献上。

その後も、柏ユースに攻め込まれる展開が続いて、
このままワンサイドゲームになってしまうんかなと思ってたら、
よくわからんPKを貰い、これを福田が決めて同点に追い付いた。

同点になって目が覚めたのか、俄然ガンバユースが攻勢に出るも、
逆転となるゴールは奪えず、1-1で試合終了。

後半の終盤に、徳永と坪井に絶好の得点チャンスがあっただけに、
そこを決めておきたかったところやったね。



この試合で個人的に印象に残った選手は坪井かな。

土曜日の前橋育英戦でゴールを決めてたけど、
あの、ひたすら相手DFラインの裏を狙おうとする動きは、
かつて大塚と名コンビを組んだブルーノを思い出させるね。

この2試合、スタメンは出岡のワントップに薮内がシャドーみたいな感じやったけど、
ターゲットマンの出岡と、裏を狙う坪井の横並びの2トップでスタートしても、
面白いんちゃうかなと思ったね。

あと、ガンバの選手じゃないけど、柏の秋野も良い選手やと思った。

ボール奪取、ビルドアップ、チャンスメイクと、
「一人で何役やるねん」って突っ込みたくなるぐらいの八面六臂の活躍ぶり。

しかも、セットプレーの際には左足で精度の高いボールを蹴るし、
すべてにおいてレベルの高い選手やなと思ったね。

将来が楽しみやわ。



月曜日も火曜日もユースの試合があるけど、残念ながら仕事で行けません。

でも、この2日間ユースの試合を見て、改めて面白いなと思ったから、
また機会を見つけて見に行きたいね。

さて、磐田戦の感想はどうしようかな…




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ












コメントを投稿