2012年3月10日

相手が浦項じゃなくて神戸だったから2点取れただけの話



ガンバ大阪23ヴィッセル神戸


火曜日のACL浦項戦の大敗を受けて、
あまりテンションが上がらずに迎えた、2012年シーズンのリーグ開幕戦。

相手は、昨年まで共に戦った、橋本や高木が所属する神戸やったけど、
彼らの存在にセンチメンタルな気分になっていられるほど、
今のガンバに余裕は無いっていうのが正直なところ。

ただ、そんな状況でも、神戸のスタメンに連なった名前を見て、
鹿島から加入した野沢の存在を不気味に感じたのは、俺だけじゃなかったはず。

これまでガンバが鹿島と対戦した際、
幾度もガンバのゴールマウスを破ってきた野沢のセットプレーが、
今年から神戸の武器になったからね。

さらに、ガンバは、以前所属していた選手に恩返しゴールを許すという悪癖もあり、
野沢のセットプレーから橋本に決められた神戸の2点目は、
今までガンバサポが味わってきた2つの無念が、見事に重なった形やったね。

でも、さすがに2試合で6失点のうち4失点がセットプレーからやから、
野沢云々じゃなくて、ガンバのセットプレーの守備に根本的な問題があると思うけど…



ACLの浦項戦でほとんど得点の匂いがしなかった攻撃陣は、
キックオフ直後に、ラフィーニャの飛び出し→二川のボレーという、
一連の良い流れに、淡い期待を抱かせてくれたけど、
その後は、浦項戦からさして大きな変化は無し。

まあ、局面ごとに見れば、浦項戦より良いシーンは多かったけど、
それは相手が浦項じゃなくて神戸だからできてた話で、
ガンバが良かったという風には見れないと思う。

結果的に、パウリーニョとラフィーニャが1点ずつ決めたものの、
パウリーニョのミドルはいいシュートやったけど、
「シュートを打ってください」と言わんばかりに、
近藤の寄せがあまりにも雑やったから、決めれただけの話。

ラフィーニャのゴールは、パワープレーからで、
コンビネーションからゴールに迫るシーンはほとんど無かったしね。

それに、交代枠も効果的に使ってると思えない。

二川、佐々木を下げて、イ・スンヨルと佐藤を投入したけど、
前線と中盤を繋ぐリンクマンが不在になって、
結局、阿部を投入するぐらいやったら、二川を代える意図がわからないね。

なんか、前半31分のラフィーニャのイエローカードが、
サポーターのフラストレーションを代弁してるようで虚しかったわ。



来週は、絶対に負けられない大阪ダービーです!

もちろん参戦する予定やけど、ここ2試合を見る限り、
期待できないっていうのは正直なところ。

でも、ダービーは、それまでのチームの調子云々とか、
主力の○○がいないからとか言うエクスキューズは抜きにして、絶対に勝たなアカン試合。

それは、ブラジル人のセホーンや呂比須だったら、日本人よりよくわかってるはず。

もう、昨年のACLラウンド16のような屈辱を味わうのは勘弁やから、
敵地・長居でセレッソに勝って、ガンバの意地を見せてくれ!




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿