2012年3月14日

ロンドン行きのチケットが手に入った




日本20バーレーン


試合を振り返る前に、まずはロンドン五輪出場を決めた、
若き日本代表の選手達に「おめでとう」と声を掛けてあげたいね。

この世代は、U-20のW杯に出られなかったし、
一般的に知名度のある選手も少ないから、
これまで五輪出場権を懸けて戦った歴代の代表チームと比べて、
注目度が低かったのは否めない。

でも、このバーレーン戦の勝利で出場権を得た、念願の五輪の舞台で、
これまでの悔しい思いを晴らすような活躍をして、
世間の目を自分達に向けさせて欲しいなと思う。



試合の方は、前半から日本がボールを支配し、試合の主導権を握っていた。

原口のヘディングシュートなど、惜しいシーンはあったけど、
毎度の事ながら、この関塚さんのチームは、どうにも攻撃のリズムが単調で、
バーレーンの守備陣が日本の攻撃に慣れ始めると、
日本が攻めあぐねる時間が続いたね。

この試合では、大迫が出場停止だった影響で、大津が1トップに入ってたけど、
適正なポジションで無いことは、素人目にも明らか。

おそらく、大津が中盤に下がった時、空いた前線のスペースに、
原口、東、清武の2列目が飛び込んでくるイメージやったんやろうけど、
そんな高度な連携を、急造の前線の布陣でこなせるわけもなく、
思うようにバーレーンの守備陣を崩すことができてなかったね。

まあ、前半の見所を強いて挙げるとすれば、4か月前の日本との対戦で、
危なっかしいキャッチングを連発していたバーレーンのGKが、
この試合では、人が変わったように安定していた事。

この、4か月、頑張って練習したんやろうなぁ…



前半があまりにしょーもない試合やったせいか、
ハーフタイムを挟んで後半開始の笛が吹かれても、
俺の意識はどこかまどろんでる部分があったんやけど、
そんな時に、千葉県沖で地震が発生。

元日以来の大きな地震やったから、
驚いて、すっかり目が覚めてしまった。

ただ、この地震で目が覚めたのは俺だけじゃ無かったようで、
後半10分に、左サイドからの原口のパスを、
扇原が利き足とは逆の右足でゴールネットを揺らして先制点を奪取。

そして、その4分後に、左サイドからの東のクロスが、逆サイドに流れたところに、
走り込んだ清武が豪快に蹴り込んで2点目。

それまでの凡戦ムードはどこへやら、
あっという間に五輪の出場権を手中に収めてしまいました。



その後も、追加点を奪えるチャンスはあったものの、スコアはこのまま動かず、
2-0で勝利し、日本がロンドン五輪の出場権を獲得。

アウェイでシリアに敗れて、グループ2位になった時は、
「大丈夫かな」と思ったけど、そのシリアがバーレーンに負けたこともあって、
終わってみれば、結構あっさりと出場権を獲得できた感じやったね。

でも、これまでの戦いぶりを見る限りでは、本大会で結果を残すのは難しいと思うし、
オーバーエージも絡んでくるやろうから、予選でいくら頑張ったところで、
本大会の出場メンバーに入れるとも限らない。

このサバイバルに勝ち残れるように、そして、自身の能力の向上のために、
本大会までの残された時間を、有効に使って欲しいなと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ








コメントを投稿