2008年6月16日

関西プリンスリーグ vs京都サンガU-18

何か、最近EURO観てばっかりで全然ガンバのサポーターらしい事してないので、
今日は和歌山の紀三井寺陸上競技場まで、ユースの試合を見に行ってきました!


 


 


っていうか、駅から遠い!!



本当にこんな山の中に陸上競技場があるのかと思いながら、歩く事30分…

ようやく紀三井寺陸上競技場に到着。

受付の女子高生にボッタクリ並みに高いパンフレットを買わされ、会場に入ると、

質素ながらなかなか雰囲気のいいスタジアムの光景が目に飛び込んできました。

 

 

ちょうどその時は、初橋と滝二の試合中やってんけど、初橋側の父兄がエキサイトしまくりで

なんか、端から見てて面白かったね。

  

  

そして、13:15からいよいよガンバユースが登場!!

スタメンはGK森廣、ディフェンスラインは右から山田、橋本、菅沼、岡崎。

中盤は田中と水野のWボランチ、2列目は右に神門、左に注目の宇佐美。FWは

大塚とブルーノの2トップでゲームがスタート。

  

  

前半開始直後は、両チームともミスが多くどっちに流れが向くかわからん状況。

その中でも、森廣の正確なロングフィードが目を引いたね。もしかしたら、

森廣はキックの精度に関しては松代や藤ヶ谷より上かもしれん。

 

そして、前半の中頃、右サイドを突破した神門のクロスをブルーノが合わせてガンバユースが先制!!

神門は大柄な体格に似合わず、スピードやテクニックも兼ねそろえてて、観ていて楽しい選手やね。

そして、このまま1-0で前半が終了。

 

 

後半に入るとガンバユースの攻撃陣が一気にサンガU-18ゴールに襲い掛かる!

後半開始早々にグラウンダーのスルーパスに抜け出した大塚が、

つま先でコースを変えてゴールに流し込み2点目!

そして、ブルーノに代わって入った原口が、最初のプレイでミドルシュートを突き刺し、3点目!

その直後に、左サイドに流れてボールを受けた大塚のクロスを、ボランチの位置から

オーバーラップした水野がヘッドで決めて4点目!

すると今度は、右サイドからのクロスをまたしても大塚が決めて5点目!



そして、試合はこのまま5-0で終了!

 

いや~!ガンバユース強い!!

 

宇佐美は所々で才能を感じさせるプレーをしていたけど、今日はちょっと調子悪かったんかな?
次は、キレキレの宇佐美が観たいところやね。
  
 
まあ、これだけ快勝してくれたら、帰りの駅までの30分の道のりも気分がいいもんだ!
  
っていうか、1時間に2本しか電車が来ないってどう言うことだ!

次からは、もう少し交通の便のいい会場で試合してください…
 
 
 
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ  
 
 
 
 

コメントを投稿