2009年3月23日

ガンバ大阪1-2村上サンガFC

 
京都サンガ21ガンバ大阪
 
 
西野朗:「うちも悪かったが、レフェリングはそれ以上。」
 
 
今日の試合は、アキラのこの一言に集約されてると思うわ…
 
アキラがこんなに審判に対して不快感を露わにするなんて、
日立台でファイルをベンチに叩きつけた時以来ちゃうかな?
 
負けた試合で、「♪いつ~までもずっと~♪」を歌ったのは
俺がゴール裏に参戦した試合では初めてやったし、
 
試合後の挨拶にきた選手に対して一切ブーイングが無く、
万雷の拍手で迎えたのも、珍しかった。
 
それだけ、今日の敗戦の責任は選手じゃないっていう点で、
ガンバサポの皆の意見が一致してたんやろね。
 
藤ヶ谷がPK取られたシーン然り、
遠藤の1回目のチャージでいきなりカードを出したシーン然り、
京都のオフサイドを覆したシーン然り、
これら以外にも納得できない判定は多々あったけど、
 
長いシーズン、今日みたいに審判に泣かされる日もあれば、
審判に助けられる日もあるわけで、
今日は運が悪かったと思って、開き直るしかないよね…
 
ただ、日本サッカー協会は、秋春制どうのっていう前に、
審判の問題を早くどうにかしてほしいわ(-_-;)
 
 
 
まあ、審判の事を抜きにしても、
アキラも言ってるように、今日のガンバは確かに良くなかったね(-_-)
 
今日の先発は、FCソウル戦の時と全く同じやった。
 
プチターンオーバーを使えば、とも思ったけど、
一応、ソウル戦からは中4日も空いてたし、
 
去年はACLと併行してリーグを中2,3日で戦ってた事と
ソウルからの移動距離を考えたら、
もうちょっと動けても良かったかなぁ、とは思ったね。
 
4月、5月は今月以上の過密日程が待ち構えてるから、
明日からのオフを上手く利用して、リフレッシュして欲しいね。
 
 
 
ただ、遠藤・橋本の2人は代表に呼ばれてるから、
休まれへんのよね。
 
今日の試合も、このボランチ2人の攻守の切り替えの遅さが目についたし、
 
疲労の影響からか、顔色の悪い遠藤を見ると、
去年病気で離脱する前のホームの札幌戦を思い出して、どうしても心配してしまうね。
 
まあ、橋本は、家長の後ろで今にも吐きそうな顔しながらヘロヘロになって、
ディフェンスしてた2005年頃と比べると、まだマシな顔してるから大丈夫やと思うけど(苦笑)
 
とにかく、この2人は来月のACLスリウィジャヤ戦あたりは休ませた方がいいと思うわ。
 
油断するわけじゃないけど、あの山東相手に5点も取られてるチームに、
ガンバがホームで勝ち点取りこぼすとは思えんし。
 
まあ、その辺は、アキラの柔軟な選手起用に期待したいところやね。
(いや、ホンマ頼むで)
 
 
 
とにかく、選手達にはこの試合の事は早く忘れてもらって、
次の試合を頑張って欲しいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ  

 

コメントを投稿