2009年7月6日

素晴らしいスタジアムで無惨に散る

 
 

 
 
 
 
 
今日は、トヨタに行ってきました。
 
 
何回かこのブログでも書いてると思うねんけど、
俺は個人的に、トヨタスタジアムが日本で最高の
スタジアムやと思ってるんよね。
 
見やすさとキャパの両方を、高い水準で兼ねそろえてるし、
屋根があるから、雨降っても大丈夫やし、
トイレも多いし、コインロッカーだってある。
そのうえ、外観もカッコいいしね。
 
 
まあ、そんな感じでスタジアムそのものでも楽しめる
トヨタスタジアムですが、やっぱり、スタというのは、
劇で言うところの舞台。
 
肝心の芝居が満足いくものじゃないと、
やっぱり魅力は半減してしまうよね。
 
 
今日、そんな最高級の舞台で見てきた芝居は、
ガンバサポにとって非常に苦痛を伴うものでした。
 
 
 
ガンバ大阪12名古屋グランパス
 
 
 
なんかね、松代の最後の場面での大ポカが
クローズアップされがちだけど、
今日の試合は序盤から、チーム全体がなんかおかしかった。
 
 
二川の浮き球のパスを受けたレアンドロが、
ループで先制点を奪ったシーンは良かったんやけど、
 
その後は普段じゃあまり考えられないような
ミスが目立ち始めて、どっちがリードしている
チームなんかわからんかった。
 
 
山口、中澤のCBコンビがDFラインでのボール回しを
奪われて、ピンチを招くシーンが何回かあったし、
 
いつもは鉄壁を誇る加地のサイドが、
今日は何度も破られてた。
 
特に、中盤からDFラインに下げたボールが、
中澤と加地の間に転がって、どっちが拾うのか迷ってる間に、
マギヌンにシュートまで持っていかれた時なんか、
思わず、唖然としてしまった。
 
 
そして、松代。
 
俺としては、1点目のPKを与えた場面で
レッドカードを覚悟したんやけどね。
 
その時は、イエローで済んでホッとしたんやけど、
今思えば、あそこで退場になってた方が、
あのミスは起こらんかったのかもしれんね。
 
 
 
まあ、DFの選手があまり良くなかったのは確かやけど、
攻撃陣も大概やった。
 
相変わらず、レアンドロ以外、ゴールの匂いがしない。
 
播戸と橋本の“いい動き”は相変わらず、
ゴールに結びつかないし、
 
二川も、いいパスは出すんだけど、
全然、アタッキングサードで、
バイタルエリアに侵入してこないしね
 
試合終了残り5分から出てきた宇佐美の方が、
よっぽどなんかやってくれそうな雰囲気があったわ。
 
まあ、この試合で、それだけが唯一の救いかな。
次はもっと長い時間見てみたいね。
 
 
 
なんか、せっかく日産で魂のこもった試合をして、
勝利を掴んだのに、この2試合で完全にフイにしてしまった。
 
シーズン前は、このメンバーだったら、
リーグ優勝も狙えるんじゃないかって思ってたのに、
なんでこんなことになってしまったんだろう?
 
 
勝てない要素は色々あるんやろうけど、
考えても、「結局サポーターは応援するのみ」っていう
答えに行き着いてしまうんよね。
 
でも、その応援によって枯れた、俺の声と、
痛くて上げるのが辛い両腕が、なんかむなしいです。
 
 
 
次は、ホーム万博での試合。
 
相手は苦手のエスパルスやけど、
選手達の意地を、この試合で見せてほしいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ



 
 
 
 
 
コメントを投稿