2009年7月26日

現状を再認識する勝ち点3

 
 
大分の新監督ってどんな人やろ?
って思ってたけど、背高いし、男前やし、
なかなかダンディな人やったね。(まあ、ハゲやったけど)
 
てっきり、名前だけ聞いたら、こんな感じの人かな?って、
勝手に想像して結構ビビってたんやけど…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あぁ、これはスポポビッチやったか(苦笑)
 
よく見たら、大分の監督は一文字少なかったわ。
俺としたことが、軽率やったね。
 
 
 
まあ、そんな余計な話は置いといて、
試合ですよ、試合。
 
 
 
ガンバ大阪10大分トリニータ
 
 
 
勝つには勝ったけどっていう感じやね。
 
大分相手に、引いて守ってカウンターっていうスタイルで挑み、
後半ロスタイムには、コーナーキープで時間稼ぎっていう、
なりふり構わない戦い方やった。
 
最下位の大分相手にこういう戦い方をしなければいけないのが、
今のガンバの現状なのかと思うと、ちょっと切なくなるね。
 
まあ、でも、試合後の選手の表情を見る限り、
選手達が一番この内容に納得してないみたいやったけどね。
 
 
 
そんな内容に乏しかった試合で光明だったのが、
佐々木と藤ヶ谷でしょう。
 
 
佐々木が交代で出て来た時は、「さすがアキラ…」って思ったけど、
あまりケガの影響を感じさせないプレーぶりで、
見事に決勝点を決めてくれたね。
 
ここは、アキラのドS采配が的中したところか…
 
 
そして、藤ヶ谷。
 
何度も書いてるけど、調子がいい時の藤ヶ谷は代表クラス。
 
この試合でも、いつもならあっけなくゴールを破られるシーンでも、
スーパーセーブを連発して、何度もピンチを救ってたね。
 
まあ、このパフォーマンスが維持できないのが、
彼の課題でもあるんだけども…
 
 
 
あ、そうそう。
 
この試合は、家長が大分に移籍後、万博初見参やったね。
 
前半は、DFラインの裏に飛び出してオフサイドになったり、
強引に持ち込んで、“枠内”シュートを打ったりと、
彼らしくない動きを見せていた。
 
なんか今日は積極的やなぁって思って見てたけど、
後半は、ガンバサポなら誰もが知ってる、いつもの家長。
 
完全に試合から消えてて、どこにおるんかわからんかったし。
いつもの悪癖は相変わらずってところかね。
 
 
 
あと、久しぶりのフェルナンジーニョ。
 
左からのクロスをヘディングで合わせて、
ヒヤリとさせられるシーンもあり、
やはり、危険な選手であることを再確認。
 
まあ、俺はフェルが好きやったから、
また彼が日本でプレーする姿を見れるのが嬉しくもあるんよね。
 
だから、素直に大分での活躍を祈ります。
 
 
 
 
 
ガンバの次の試合はナビスコカップ2nd leg、
三ッ沢でのマリノス戦です。
 
非常に厳しい状況やけど、試合終了後のアキラのインタビューで、
「まだギブアップしていない」っていう、
力強い言葉が聞けたので、次のステージに進めるように、
選手たちを信じて、現地で精一杯応援したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
コメントを投稿