2009年7月23日

次世代に残した歴史

 
 
俺には、イマイチ皆既日食の魅力がわからんのよね。(挨拶)
 
 
今日は、そんな46年振りの出来事があったにもかかわらず、
俺は、録画していたコパ・リベルタドーレスの2nd legを
今さらながら見ていました。
 
まあ、結果はご存じの方も多いとは思いますが、
 
 
 
エストゥディアンテス21クルゼイロ
 
 
 
エストゥディアンテスが39年振りに
コパ・リベルタドーレスを制しました
!!
 
 
この試合は、クルゼイロのホームである、
ミネイロンで行われました。
 
南米チャンピオンを決める大一番やし、
クラブチームながら、ブラジルvsアルゼンチンという、
因縁の対決でもあったから、試合前から
スタジアムのボルテージは最高潮やったね。
 
 
先制したのは、ホームのクルゼイロ。
 
ジュビロでもプレーした、エンリケのミドルシュートが、
DFに当たって、そのままゴールに吸い込まれるという、
ラッキーな形の先制点やったね。
 
 
アウェイで1点ビハインドになったエストィディアンテスやけど、
ここからが凄かった。
 
相手にリードを許しながらも、浮足立たずに、
落ち着いてボールを回しながら、試合の流れを引き戻すと、
 
先制点を奪われてから4分後に、
ガストン・フェルナンデスが同点ゴール!
 
さらに、後半28分に、CKからボセッリが頭で叩き込み、
エストゥディアンテスが逆転!!
 
 
究極のアウェイとも言える状況で、
素晴らしい精神力やな~って感心してたんやけど、
試合前に、キャプテンのヴェロンがこんなことを
言ってたみたいやね。
 
 
 
今期、開幕からリベルタドーレス優勝だけを念頭に置いて戦ってきた。
 
ヴェロンは68年にクラブが初めてこの大会を優勝した瞬間を描いた絵画を前に
チームメイトを集め、こう言った。
  
「彼らが築いた歴史を見ながら俺たちは成長してきた。
今度は俺たちが次世代へ歴史を残す時だ」 
 
キャプテンは文字通り、心身ともにチームの支柱となった。
 
                         (footballista#128より抜粋)
 
 
 
カ…カッコよすぎるぜ、ヴェロン。
 
1st legの後の記事で、
ゲ〇っぽいなんて書いてゴメンナサイ<(_ _)>
 
 
これで、エストゥディアンテスは、
12月に行われる、CWCに出場が決まったわけやけど、
バルサが相手でも、この試合のような粘り強さを見せてほしいね。
 
まあ、いまさら言ってもしょうがないけど、
ガンバが彼らと闘う姿が見たかったなぁ…(-_-;)
 
 
とにかく、CWCでも、“次世代に歴史を残す戦い”を
期待したいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿