2010年11月28日

まだルーカスに「さよなら」は言わない

 
 
ガンバ大阪0-2横浜F・マリノス
 
 
前半の早い段階で失点、後半に進むにつれて徐々に攻勢に出るが、
引いて守る相手を崩せずに、結局敗戦って言う、
典型的なガンバの負けパターンな試合やったね。
 
マリノスは波戸がCBやってる時点で、
DF陣のメンバーのやり繰りに苦しんでるのが見て取れるけど、
さすがに、あんなに中央を固められると、崩すのはキツイよなぁ。
 
中央を固められたら、当然、サイドにスペースが生まれると思うんやけど、
ガンバには、高さで勝負できるタイプのFWはおらんうえに、
上質なクロスを上げられるサイドアタッカーもおらんから、
こういう展開になるとかなりツライものがあるわ。
 
まあ、もとはと言えば、序盤の2失点が全てって感じやけど、
1点目は安田が俊輔に、2点目は加地が渡辺についてて、
フリーで打たせたシュートじゃなかっただけに、ツキが無かったわ。
 
 
 
それにしても、最近指摘されている、前線と中盤の距離が開き過ぎる現象は、
この試合でも改善されてなかったね。
 
おかげで、宇佐美がボールを持った時に、宇佐美の周りには、
DFに囲まれているイ・グノぐらいしかおらんくて、
自分でドリブルを仕掛けてボールを奪われるパターンが多かったように思うわ。
 
まあ、宇佐美自身も、特に前半あたり、マリノスの徹底マークに熱くなって、
ムキになってドリブルを仕掛けてる感もあったけども。
 
多分、中盤にアタッカータイプがいないのが原因なんかなとも思うけど、
橋本と二川がFWを追い越すような動きができれば、
こんなことにはならんねんやろうと思う。
 
現時点でできていないから、黄ばんだ中盤とか言われてるんやろうけどね。
 
ここ数試合、ルーカスと佐々木の投入後に、これらの状況が改善されてるから、
スタメンのチョイスを見直してほしいもんやねんけど、
アキラにはまだあの4人が黄金に見えてるやろうから、指摘するだけ無駄やね。
 
とりあえず、リーグ終盤の怒涛の連戦は終了して、
リーグ最終節の清水戦まで1週間空くから、
この間にコンディションを整えて、日本平に乗り込んで欲しいなと思います。
 
 
 
そして、この試合の最後には、ホーム最終戦セレモニーがありました。
 
俺はTV観戦やったから、今シーズン限りで退団する、
ルーカスの挨拶は見ることができませんでした。
 
2008年のACL決勝でのゴール、今年の正月の天皇杯決勝での先制ゴール、
ルーカスを語ると、思い出に残っているシーンはたくさんあるけど、
まださよならを言うにはちょっと早いかな。
 
来年のACL出場権は確定してないし、天皇杯の試合もまだ残ってるから、
ルーカスにはまだ働いてもらわなアカン。
 
まあ、退団は決まっているけど、ルーカスと言う選手は、
天皇杯の大学生チームとの試合でも、前線からのプレスを惜しまないような選手。
 
だから、2011年の元日まで、彼は常に全力でガンバのために戦ってくれると思います。
 
さよならを言うのはその後でやね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿