2010年12月3日

2018ロシア/2022カタール

 
 
先程、チューリッヒで、W杯の開催国の発表があって、
2018年がロシア、2022年がカタールに決定したね。
 
 
 
なんか、FIFAにも色々事情があるんやろうけど、
結局金だったのかと言いたくなるような結果やわ。
 
両国ともオイルマネーで経済は豊かやし、
過去のW杯においても開催経験が無いから、新規ファンの獲得も狙える。
 
それに、ヨーロッパとも時差が少ないから、TV放映権での収益も見込めるしね。
 
2002年の日韓W杯が決まった時に、
「日本は金でW杯を買った」とかいう類の批判があったけど、
今度はこの両国がこの手の批判を受けることになるんやろうね。
 
なんにせよ、W杯開催が決まったからには、
国を挙げてこのW杯と言う大イベントの成功に向けて尽力してほしいと思う。
 
 
 
2022年には日本も立候補してたけど、
2002年に日韓で共催してから、そんなに時間が経ってないから、
正直、厳しい戦いになるんじゃないかとは思ってた。
 
だから、日本の落選は妥当と言っちゃ妥当やねんけども、
もう少しプレゼンの面でインパクトが欲しかったかな。
 
まあ、別に、佐々木りおちゃん達が行った、
日本のプレゼンが悪いとは思わんかったけど、
他国は、首相などの政界のトップクラスがプレゼンを行っていたから、
どうしても見劣りする感はあったよね。
 
英国はベッカムを呼んだし、韓国ですらパク・チソンを呼んだのに、
日本も本田△なり、中田英寿なり呼ぶことはできへんかったんやろうか。
 
厳しい戦いになるとはわかっていても、日本の本気を見たかったなと思うわ。
 
プレゼンの内容なんて、開催国を決めるにあたって、
それほど影響力のあるものじゃないのかもしれんけど、
これじゃあ、本気を出さずに、負けるべくして負けたって感じがして、
どうもモヤモヤしてしまうね。
 
 
 
今回のW杯招致に関しては、個人的に、
何が何でも日本でって感じじゃなかったけども、
せめて、俺が死ぬまでには、W杯とオリンピックを、
日本でもう一度見たいなぁと、ふと思った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿