2010年12月7日

FC東京に降格されると、ガンバサポの俺はすごく困る

 
 
Jリーグの最終節のトピックスと言えば、
ガンバサポ的にはACL出場権獲得なんやろうけど、
全体的な観点から言えば、神戸のJ1残留と東京のJ2降格やろうね。
 
それにしても、神戸がこんなに頑張るとは思えへんかったな。
 
10月の頭にホームで川崎相手に4-0とフルボッコにされてたのを見た時は、
もうアカンやろなと思ったけど、よくあの状態から立ち直ったもんやわ。
 
まあ、京都が降格して、大阪から気軽に行けるアウェイが減っただけに、
今回の神戸の残留は、ガンバとしてはそういう意味で良かったんちゃうかな。
 
神戸のサポーターも、大好きなダービーごっこを来年もできるしね。
 
 
 
ただ、俺にとって由々しき問題なのが、東京の降格の方。
 
前にこのブログに書いたことがあると思うんやけど、
俺の職場の上司は、東京が好き過ぎて、
味スタの最寄り駅の飛田給に住んでるぐらいの東京のファン。
 
まあ、ガンバサポの俺とは、応援しているチームは違えど、
Jリーグを愛する者同士として、休憩時間や仕事終わりの飲みなどで、
サッカートークに花を咲かせたりしたわけですよ。
 
ところが、昨日、東京のJ2降格が決まってから、
初めて職場で顔を合わせたんやけど、気まずいのなんのって…。
 
腫れ物に触るかのように接するとは、まさにこのことで、
俺だけでなく、サッカーがそれほど好きでない同僚までもが、
上司に気を遣って、係内でサッカーの話題を出さないように振る舞う始末。
 
そんな係内の空気を感じ取ったのか、上司の方が、仕事中にいきなり、
半分やけくそのテンションで、「いや~!!降格したよ!!」と、
言い放った時には、皆爆笑でした。
 
それまでは、いつまでこんな雰囲気の係内で仕事をしなくちゃいけないのか、
不安に思ってたんやけど、杞憂に終わって良かったわ。
 
とは言っても、今年は許してもらえた、
「ACLのアウェイに行きたいので、休みください」というお願いが、
来年の春先にできるかどうかはまた別の話やけど…
 
 
 
東京の降格の要因として、米本の長期離脱とか、長友がシーズン途中に移籍したとか、
去年活躍した、平山・石川・梶山あたりが軒並み不調だったとか、
色々あると思うねんけども、個人的には、
監督と選手が理想を捨て切れんかった事が一番かなと思う。
 
城福前監督は、昨シーズン、ムービングフットボールを掲げて、
ナビスコカップを制覇しただけあって、自分のサッカーに自信があったんやろうけど、
さすがに、残留争いしている時に、試合の主導権を握らんばかりの、
ポゼッション志向の攻撃サッカーは無い。
 
ガンバにも言えることやけど、ポゼッションサッカーって、
チームの状態が良くて初めてできるものであって、
残留争いをしているようなチームって、一概に何らかの問題を抱えてるもんやから、
守ってカウンターのサッカーをやらざるをえないのよ。
 
実際にガンバも、去年、一昨年と夏場に調子を落とした時は、
この、守ってカウンタースタイルでしぶとく勝ち点を拾うことで、
調子を取り戻したわけやしさ。
 
もっと早く城福監督を切って、大熊監督で現実的なサッカーをやってれば、
こんなことにはならんかったと思うんやけど、去年の大分のシャムスカ同様、
フロントが功労者を切るのを躊躇ってしまったのが仇となったね。
 
まあ、こればっかりは難しい問題やからなぁ。
 
 
 
あとは、選手の理想の問題。
 
大熊監督になってからの東京は、順調に勝ち点を積み重ねてたし、
残留できるサッカーをしてたと思うんやけど、結果的に降格してしまったのは、
選手が勝ちに貪欲になれなかったのも、原因かなと思う。
 
別に俺は東京の選手のやる気を否定しているわけじゃ無くて、
もっと狡猾に戦うべきだったんじゃないかということ。
 
33節の山形戦がそれを象徴してて、平山のゴールで1点を先制した後、
守りに入ったけど、そこまでは良かったものの、ただ引いて守っているだけで、
時間稼ぎをしたり、カードを覚悟でファウルしたりっていうプレーが無かった。
 
確かに、それらのプレーは嫌悪感を抱くものではあるけど、
そんな美辞麗句言ってる状況じゃ無かったのも事実。
 
ちなみに、残留した神戸は、別に残留争いしてなくても、
普段からそんなプレーしてるけどね。
 
それができなかったせいで、なりふりかまわずパワープレイに出た山形に、
同点ゴールを許すという展開に…。
 
もしかして、名古屋に勝ったことで、自分達は残留できたとでも勘違いしたのか、
何が何でも逃げ切らないといけない場面で、あまりにも残念な失点やったわ。
 
 
 
なんか、ガンバの事じゃないのに、あまりにも長々と書いてしまった。
 
まあ、上司も、「絶対に1年で戻る!!」って鼻息を荒くしてるので、
是非とも、東京の選手達には、上司のそんな気持ちに応えて、
1年でJ1に復帰してほしいもんです。
 
ただ、その前に、天皇杯の決勝で会われへんかなぁ。
 
ルーカスの日本での最後の試合は、
古巣の東京相手がいいなぁって個人的に思ってるんでね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿