2012年8月2日

凡戦だったけど、宇佐美が見れたからとりあえず満足してたりする



日本00ホンジュラス


試合自体は、見所の少ない凡戦やったけども、
既に決勝トーナメント進出を決めていて、
引き分けでもグループ首位での通過が可能だったわけやから、
この試合に於けるミッションはクリアできたね。



この試合が凡戦になった最大の要因として、
モロッコ戦からスタメンを5人入れ替えてきて、
連携面が拙かったことが挙げられると思う。

変にスタメンをいじりすぎて、ホンジュラスに負けるようなことがあれば、
グループ2位通過になって、決勝トーナメントでブラジルと当たってしまうから、
確実にグループ首位で通過するために、
あまりスタメンはいじらないんじゃないかと思ってたけど、
関塚さんも思い切った事するんやなって思ったね。

まあ、そのおかげで宇佐美のプレーが見れたから、
ガンバサポの俺的には満足してるんやけどね。

ただ、右サイドでの起用っていうのが、イマイチ腑に落ちない部分ではあったけども。

おそらく関塚さんは、宇佐美を左サイドに置くと、
同サイドのSB、酒井高徳も攻撃的な選手ということで、
守備面に不安が残ると考えたんかなと思う。

でも、宇佐美の最大の持ち味は、
左サイドからドリブルで中央に切れ込んだ時のプレーやから、
正直、この試合で持ち味を発揮できたとは言い難かったね。

決勝トーナメントでどれぐらいチャンスが貰えるかわからんけど、
出場したら、宇佐美らしいプレーを見せてくれる事を期待したいね。



そんな凡戦の中で光ったのは、グループリーグ全3試合を、
全て無失点で乗り切った守備陣。

高い位置を取る、左SBの酒井高徳の裏のスペースは何度か使われたけど、
帰陣の速さと、体を張ったディフェンスで水を洩らさなかったし、
右SBで起用された村松は、本職じゃないこともあってか、
ビルドアップに苦戦している節も見受けられたけど、
1試合通して見たら、問題無くやれてたと思う。

そして、今大会での、吉田と鈴木の両CBの安定感は特筆すべきものがあるよね。

その中でも、ヒヤッとするシュートを何本か打たれたけど、
権田のファインセーブで得点を許さなかった。

守備陣がこの安定感を継続できるようなら、
決勝トーナメントでも十分に戦えると思うね。



次戦、決勝トーナメント1回戦の相手はエジプト。

エジプトは、今年2月、スタジアムでの暴動の発生により、
2011-2012シーズンの国内リーグが中止になったことで、
幸か不幸か、代表チームの強化に使える時間がたくさんあったそうで、
なかなか良いチームに仕上がっているらしい。

でも、さすがにそんなエジプトと言えど、
ブラジルより強いって言う事は無いはずやと思うから、
きっちりエジプトを叩いて、ベスト4進出を決めて欲しいと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ











コメントを投稿