2012年8月5日

決戦の地はウェンブリーへ



日本30エジプト


メキシコ五輪以来、44年振りのベスト4進出。

快挙には違いないんやけど、苦戦を予想していたのにも関わらず、
あまりにもあっさり勝ってしまったから、
特別、感想らしい感想が無いのが正直なところ。

昨日の女子のブラジル戦みたいに、苦戦の末に勝利を掴んでくれたら、
まだ色々と書きようがあるのになって思っている俺は、贅沢が過ぎるんやろうか。



前半からボールを支配したのは日本。

エジプトは、日本のパス回しに翻弄され、
マイボールになっても、日本の前線からの守備にかなり手を焼いていたね。

さらに日本は、セットプレーからも何度か惜しいチャンスを演出していたし、
得点が入るのはもはや時間の問題っていう感じやった。

そして、その必然のゴールを挙げたのは永井。

清武が右サイドでボールを奪うと、すかさず永井へスルーパス、
永井とエジプトのDF・GKの3人がもつれる展開になったけど、
接触しながらも上手くボールを持ちだした永井が、
無人のゴールに蹴り込み、日本が先制!!

ただ、この時の接触プレーで永井が脚を痛めて、斎藤学と交代。

グループリーグから、前線からのチェイシングと、ゴールゲッターという、
2つの役割を十分すぎるほど全うして、チームを牽引していた永井だけに、
ケガの程度が心配されるところやね。

さらに、前半終了間際には、清武のスルーパスに抜け出した斎藤を、
エジプトのDF、サードが倒し一発レッドで退場に。

これで日本はスペイン戦と同様、数的優位の状況で戦うという、
願っても無い展開になったね。



1点リードで迎えた後半も、日本ペースで試合が進み、
吉田、大津が加点し、3-0で勝利。

対するエジプトも、反撃する気持ちはあったんやろうけど、
3人交代枠を使い切った後に、負傷者が出て、
最終的には9人で戦う羽目になったのを見ると、
さすがに同情せざるを得なかったわ。

ただ、日本も、東が、ボールや人とは関係の無い、
DFラインとの駆け引きの際に足首を挫いてしまい、
酒井高徳と交代するというアクシデントもあった。

東も、永井と同じくらいチームへの貢献度が高かっただけに、
準決勝以降の試合への影響が懸念されるところやね。



準決勝の相手はメキシコ戦。

メキシコとセネガルの試合はウェンブリーで行われたため、
マンチェスターで試合のあった日本と比べると、移動の負担が無いけど、
こちらは延長戦まで戦ったから、その影響がどう出るかっていうのはあるかな。

日本は、大会前のテストマッチでメキシコに勝利しているから、
その良いイメージを持って、この試合に臨みたいところやね。

いずれにせよ、ここまできたら、
一番輝いている色のメダルを取れるように頑張って欲しいね。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ









コメントを投稿