2012年8月10日

なでしこの花はロンドンで満開にはならなかった



日本12アメリカ


昨年の女子W杯の決勝で、アメリカのシュートを阻んでいたクロスバーが、
今年の五輪の決勝では、日本のシュートを阻んでいるのを見て、
これは難しい試合になるんじゃないかなと思ってた。

それでも、ブラジル戦やフランス戦で見せた、粘り強い守備で耐えることができたら、
時間の経過とともに、準決勝で120分を戦ったアメリカ相手に、
コンディション面で優位に立てるかなと思ってたんやけど、
モーガンとワンバックをダイレクトに目指すサッカーを志向してきたアメリカに、
前半の早い段階で失点を喫してしまった。

ここまで、先行逃げ切りの形で勝ち上がってきた日本にとって、
前半で1点ビハインドという状況は、後々の展開に重くのしかかったね。

さらに、後半の早い時間帯にも失点を喫し、2点を追いかける展開に。

五輪で2大会連続金メダルのアメリカ相手に、
2点ビハインドを背負うのは、絶望的な状況やけど、
それでも、「追いついてくれるんじゃないか」と思って試合を見ていたのは、
昨年の女子W杯の決勝で信じられない同点劇を見せてくれたから。

それだけに、大儀見のシュートが決まって1点を返した瞬間、
歓喜の再現を期待したんやけどね。



試合終了が近づくにつれ、、時間稼ぎを行うシーンや、
ラフプレーが目立ってきたアメリカ。

五輪のディフェンディングチャンピオンとして、褒められたプレーでは無いけど、
昨年の女子W杯で、日本相手にショッキングな敗戦を喫した事で、
アメリカの選手達のこの試合に懸ける意気込みは、並々ならぬものがあったんやと思う。

日本の選手達にも勝ちたいという気持ちはもちろんあったんやろうけど、
そういう、飢餓感と言うか、ギラギラしたモノの差が、
最終的に2-1という差に表れたんじゃないかなと思うわ。



昨年の女子W杯で優勝した事で、世界から警戒される存在になった日本。

彼女達は、五輪には挑戦者として臨んだやろうけど、
そうはさせてくれない対戦相手達がいて、
昨年、ドイツの地で“女子サッカーのバルセロナ”と称えられたパスワークは、
ほとんど発揮できず、苦しい試合を強いられた大会やった。

それでも、金メダルは獲得できなかったとはいえ、
決勝まで駒を進めた事は十分称賛に値する事やと思う。

アメリカ戦前の記者会見で、佐々木監督が、
「漢字では金より良いと書いて銀と読むので、もし銀でも次に繋げていければ良い」
みたいな事を言ってたけど、この銀を次に繋げていけるかは、全ては彼女達次第。

この試合での悔しさを糧に、自身を成長させ、
次の大会での勝利に繋げていって欲しいなと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ











コメントを投稿