2012年8月26日

以前の札幌じゃないんだろうけど、以前のガンバでもない



ガンバ大阪72コンサドーレ札幌


前節、名古屋に5得点と大勝し、リーグ戦4試合負け無し。

今節の対戦相手・札幌は、外国人選手がフィットして、
名古屋や仙台に勝ったらしいけど、今、その外国人がケガしてるって話じゃないですか。

なんか、こういう風にガンバにとって有利な条件が多いと、
油断してやらかしちゃうんじゃないかと、余計な心配をしてしまうんよね。

まあ、結果的にそんな俺の心配は杞憂に終わったわけやけど、
今季は、「良くなってきたかも」と思わせておいて、
その都度、裏切られる事が多かったから、どうしても神経質になってしまうわ。



試合は、前半からガンバがボールを支配。

前半16分に、佐藤が先制ゴールを挙げたけど、
それすらもちょっと遅いんじゃないかって感じたぐらい、一方的な試合展開やった。

ただ、その直後に許したCKで、簡単に札幌に同点弾を献上した時は、
空いた口が塞がらなかったけども…



同点になった事で、一時、不穏な空気になりかけたけど、
それを一掃したのはレアンドロ。

前半26分、45分、後半12分と立て続けにゴールを挙げて、
ハットトリックを達成!!

後半23分には、今野の2戦連続となるゴールも決まって、
試合を完全に決めてしまったね。

その後、札幌の上原に1点を返されるものの、ガンバは最後まで攻撃の手を緩めず、
オウンゴールと家長のゴールで2点を加点し、7-2で勝利しました。



この勝利でガンバは15位に浮上し、久々に降格圏を脱しました。

最近の上り調子の要因として、オフェンス陣全体で、
攻撃のイメージが共有できるようになってきたのが大きいね。

ここ数試合でガンバが挙げたゴールが、
ワンタッチでのものが多い事がそれを証明していると思う。

それだけ、得点者にボールが渡る時点で、「あとは決めてください」っていう、
状況が作り出せているっていう事やからね。

特に、佐藤‐倉田‐藤春の3人と、二川‐レアンドロの2人は、
よくイメージが共有できているなと思う。

次節は、守備の堅さに定評のある鳥栖とアウェイで対戦するけど、
この攻撃のイメージを、ユニット単位では無く、
チーム全体で共有できれば、攻略する事も難しくないはず。

そこに、この試合で2失点を喫した守備陣の奮起を期待して、
次節の勝ち点3を心待ちにしたいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿