2012年8月12日

サッカー王国と五輪の金メダルはかくも縁の無いものなのか



ブラジル12メキシコ


W杯で5回優勝しているのにも関わらず、
ここまで五輪の金メダル獲得は一度も無いブラジル。

2年後に控える母国でのW杯に向けて弾みをつけるため、
A代表経験者をずらりと揃えた、豪華布陣で今大会に挑んできた。

それだけに、決勝の組み合わせが決まった時、
順当にブラジルの金メダルを予想したけど、
そんなに簡単にいかないのが、サッカーっていうスポーツの面白いところなんよな。



キックオフの笛が鳴って、30秒ほど。

いきなり試合を動かしたのはメキシコやったね。

ラファエルのバックパスをかっさらうと、
これを準決勝の日本戦で2点目のゴールを挙げたペラルタに繋ぐと、
落ち着いてニアサイドに流し込み、先制点を挙げた。

俺は、今大会のここまでのブラジルの試合は一度も見た事が無かったんやけど、
解説の長谷川健太が「フワッと試合に入ってしまう事が多い」と言っていて、
このシーンでは、正にその悪癖が出てしまった格好になったね。



一発殴られた事で、ブラジルの目が覚めるかなと思ってたけど、
1点ビハインドになってからも、全体的なチグハグ感は否めず。

そんな状況を見かねたのか、マノ・メネゼスは、
前半でアレックス・サンドロに代えて、
Jリーグでプレーしていた事もあり、日本でもお馴染みのフッキを投入。

この交代が起爆剤になって、ブラジルは攻撃で良い形を作れるようになってきたね。

ただ、ここまで守備のブロックを崩しても前から追いかけてきたメキシコが、
相手ボールになった時に、3列の守備ブロックを形成するやり方に変更して、
ブラジルの攻撃を凌いでいた。

口で言うには簡単やけど、この切り替えがスムーズにいくあたり、
メキシコのチームは統制が取れてるなって思ったね。



後半になってもメキシコの1点リードは変わらず、
ブラジルが押し気味に試合を進める展開が続いたけど、
次のゴールを奪ったのは、劣勢だったメキシコ。

セットプレーの際、一番外にいたペラルタが、
キッカーが蹴る直前に真ん中に走り込んでフッキのマークを外し、
ドフリーでブラジルのゴールにヘディングシュートを突き刺したね。

この試合は、FKもCKもブラジルの方が多かったんやけど、
少ないセットプレーのチャンスを、上手く工夫してモノにした、
メキシコの謙虚な勝利への姿勢が生んだ2点目やったね。

対するブラジルも、後半ロスタイムになってようやく、
カウンターからフッキが決めて1点返すも、時すでに遅し。

メキシコが初の五輪金メダルを獲得しました。



開催国の英国が早期敗退した事もあって、
現地での盛り上がりがそこまでじゃなかったという、五輪のサッカー競技やけど、
どの会場を見ても、たくさんお客さんが入っているのを見て、
この国に根付く、サッカー人気の高さを思い知らされたね。

日本とエジプトの試合を見に、オールド・トラフォードに、
7万人以上のお客さんが入ったけど、もし日本で五輪が行われて、
メキシコとエジプトの試合を国立でやったところで満員になるとは思えんしね。

2年後のブラジルW杯も、サッカー熱の熱い国での開催になるから、
この五輪と同様、選手達のプレーだけじゃなく、
観客が試合に大きな花を添えてくれる事を期待したいね。














コメントを投稿