2008年9月20日

不毛な話し合い

 
昨日は、ホテル阪急エキスポパークへサポーターミーティングに行ってました。
 
で、率直な感想…
この話し合いはやる意味あったのか?っていうこと
 
後でガンバの公式HPでも概要は伝えると思うけど、俺がそう思う理由は最後に書くとして、
とりあえずどんな話がされたかということを書きたいと思います。
 
 
 
1.名古屋戦の後の騒動について
 
 とりあえず、この件に関しては、話し合いの最初の方で常務から謝罪がありました。
でも、その謝罪は「残っていたサポーターに対して」のものだったのか、
「万博の近隣住民に対して」のものだったのか、その辺がはっきりしませんでした。
 
 あと、このミーティングが開催されるにあたって、
「アルコールが入った状態での参加はご遠慮ください」ってHPに出てたのが疑問だったんですが、
どうやら、名古屋戦の後、ゴール裏のサポーターが残って抗議しているという旨が
社長に伝えられた時、「アルコールが入ってるサポーターが騒いでる」というような形で
伝わったらしいです。それで、冷静な話し合いができないと考えた社長は
話し合いを後日に引き延ばしたらしいです。
 
でも、これはおかしいと思います。
実際、ゴール裏の売店は、後半の30分ぐらいになると閉まりますし、
朝の3時まで、冷静な話し合いが出来ないほど酔っ払っている人なんかいないと思います。
それに、座席のメインスタンドやバックスタンドならともかく、
立ち見のゴール裏で、声出し応援してて酒飲む暇なんてそんなに無いと思う。
 
これは、悪意が無かったにせよ、クラブ側が完全にサポーターを悪者扱いしたんじゃないかと
思いました。
 
俺はその場にいなかったから状況はよくわからないですけど、
あの日ゴール裏に残っていたサポーターは、アルコールとかじゃなくて、
試合が終わった後に、伝えたいことがあるっていう熱意があって残っていたんだと思います。
そのサポーターを最初からアルコールがどうだとか言って、悪者扱いして
まともに取り合おうとしなかったクラブの対応は遺憾としか言いようがないです。
 
 
 
2.選手の補強、退団について
 
 これはサポーターからの質問が1番多かったと思います。
 
マグノ・アウヴェスやバレーの中東のチームへの移籍、水本の電撃退団、
家長の移籍、ミネイロについて、大黒を復帰させるべきだったのでは等々…
しかし、クラブ側の発言には唖然とさせられました。
 
「担当の者がいないので、そういう話には一切お答えすることはできません」
 
「なんで?」って感じでした。
こういう話し合いでは、チーム編成のことについての質問がでるのは当たり前のことです。
ましてやチームの状態が悪い時期に行うのであれば当然です。
それなのに、強化部長すら今回の話し合いに参加してないってどういうこと?
 
これだと、サポーターからの質問の約半分は、答えの切れ端すら聞けずに
終わってしまったことになります。
 
唯一聞けたのが、これからも外国人の補強はブラジル人が中心。
来シーズンから外国人選手のアジア枠ができるということで、
韓国や中国の選手をリストアップしているということだけでした。
 
 
 
3.専スタについて
 
この点に関しては、俺たちが現在持っている情報からなんら進展はないみたいです。
 
ただ、今年のACLはGLの段階から万博での開催はやめて
ホームの試合は長居か神戸でしてくれって協会の方から言われていたらしいです。
でも、それを強引に押し切って万博で開催してるみたいです。
 
それについては社長もどうにかしないといけないと言っていたので、
専スタに関してはどうにかしてくれそうです。
 
 
 
4.ユースについて
 
 最近、ユースから上がってきた選手が試合に出してもらっているケースが少ないという意見が
サポーターの側からありました。
 
でも、俺個人の意見ですが、ユースから上がってきてレギュラーに定着する選手なんて、
3年に1人いればいい方だと思うんですけどね。
 
ユースについてのクラブ側の見解は、
関西だけで優秀な人材を確保するのは限界があるから、
これからはユースの募集地域を広げるとのこと。
そして、来年から定期的に欧州や南米への遠征を実施するとのことでした。
 
ユースに関してはポジテイヴな意見を聞けたので良かったです。
 
 
 
5.選手の健康管理について
 
 今年は遠藤と播戸が病気で戦線離脱しました。遠藤に関しては一昨年に続いて2回目です。
これに関してはクラブも危機感を感じたようで、
今年のオフに、クラブハウスの医療施設を、水道管等含めて全面的にリニューアルするらしいです。
 
 
 
6.西野監督について
 
 社長は、西野監督の事を全面的に信頼しているらしく、西野の方から辞任を申し出さない限り、
解任することは無いみたいです。
 
 
 
 
ざっと書きましたが、全体的にはこんな感じです。
 
しかし、俺が最初に「こんな話し合いする意味あったのか」と書いたのは、
主にこのサポーターミーティングの進行の仕方についてです。
 
最初の45分ぐらいはサポーターからの質問を募って、
その後に社長がまとめて答えるっていうスタンスだったんですが、
社長はこの話し合いでどんな質問が出るにも関係なく、最初から自分が喋ることを決めていて、
その話の中でやんわりと今まで出た質問に触れていくっていう感じでした。
 
これだと、1つ1つの質問に対して明確な答えが得られなかったので、
歯がゆい思いをした人もいたんじゃないでしょうか?
…俺もその1人なんですけどね(苦笑)
だから、次の話し合いからは1問1答形式にしてほしいと思いました。
 
 
あと、無駄に参加人数が多すぎる気がしました。
別に、真剣にガンバについて討論したいなら多くても構わないと思うんですが、
後ろで喚いてる子供や、退屈そうに携帯を触っているオバサンとかを見てると、
言葉は悪いけど、場違いなんじゃないかと思ってしまった。
 
まあ、HPで「誰でもお気軽に参加してください」というよな類のコメントが書いてあったけど、
これからは「これからのガンバについて真剣に話し合いをしたい人は参加してください」
っていう風にした方がいいと思う。
そうじゃないと、家族で楽しめるイベントみたいなものと勘違いしたような人が来て、
話し合いの場が締まらんと思う。
 
 
 
今日は長文やったからかなり疲れた…(-_-)
 
でもまあ、次またこういう話し合いの場を設けるのであれば、
もっと改善しなければいけない点はあるんじゃないかと思いました。
 
 
 
とりあえず、俺の意見はこんな感じなんで。
今から俺の頭は明日の京都戦に切り替えます。
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ  

 
 
 
 
コメントを投稿