2008年9月7日

Mottainai

 
日本3-2バーレーン
 
 
まあ、W杯予選の重要な初戦で、アウェイで勝ち点3を取ったっていうことは十分に評価できると思う。
でも、なんなんやろ、この、「もったいないなぁ」っていう感じは…(汗)
 
 
日本は、前半開始直後から、前線から激しくプレッシングにいったり、
両SBの内田と阿部が積極的に中盤を追い越すなど、アグレッシヴな出足!
 
正直、アウェイや高温の気候などの条件を考えると、
もうちょっと抑え目にいくのかなぁと思ってたけど、岡田は結構積極的やったね。
 
すると、前半18分、玉田がペナルティエリア付近でファウルをもらい、
日本が絶好のFKのチャンス。 ボールの位置には俊輔と遠藤。
 
実況は「中村が蹴るか?遠藤が蹴るか?」って言ってたけど、
俺は遠藤の助走の取り方を見て、「あぁ、蹴らんな」って思ったけどね。
遠藤はFKを直接狙う時は、もう少しボールに対して角度をつけて走り込んでくるから。
 
このFKを俊輔が直接ゴール左隅に決めて、日本が先制!!
いや~、得意の位置とはいえ、さすがやね!!
 
この後、日本は、バーレーンに主導権を握られる時間帯が続くも、
前半のロスタイムに入る直前、この試合の開始直後から精力的に前線で走り回っていた
田中達也が、ゴール左でファウルをもらい、日本のセットプレーのチャンス!
 
これを遠藤が、ペナルティエリアにマイナスのボールを送り、俊輔がシュートを放つ!
 
このシュートがバーレーンDFの手に当たり、日本はPKを獲得。
 
もちろんキッカーは我らがMaster Of GAMBA、遠藤保仁!!
一瞬、神戸戦でのPK失敗が頭に浮かんだけど、
そんな俺の心配をよそに、これをしっかりと決め、日本が追加点! 2-0!!
 
そして、前半はこのまま終了。
 
前半の内容だけやったら、かなり良かったと思う。 流れの中からの得点は無かったけど、
内容的にも、時間帯的にも、効率よく点が取れたと思うし、
うまく試合を運べていたと思う。
 
 
そして、後半開始。
2点ビハインドのバーレーンは、開始直後から積極的に前に出てきて、試合の主導権を握る。
まあ、でも、後半の最初の方は、試合を支配されてたとはいえ、
そんなに危ないシーンは作られてなかったね。
 
日本も、玉田の惜しいシュートがあったり、長谷部と田中達也のシュートが2本続けて
クロスバーに弾かれるなど、バーレーンに引導を渡す決定的な3点目が奪えない!
 
その後、バーレーンが何度か日本のゴールを脅かすものの、ゴールには至らず、
逆に、日本が途中交代で入った中村憲剛が、ミドルシュートを突き刺し、
日本に決定的な3点目が入る!! 3-0!!
 
バーレーンも疲れてたんか、憲剛にボールが渡った瞬間、フリーになってたけど、
憲剛のシュートも良かったね。
 
しかし! これで終わらないのがW杯予選!!
 
勝利を目前にした日本は、集中力が切れたのか、立て続けに失点!!
 
特に2点目の釣男のオウンゴール…((+_+))
 
いや~、普段バーレーンと同じ赤いユニフォーム着てプレーしてるからか、
ボールを入れるゴールを間違えたか!?
 
終了間際にドタバタしたものの、日本は辛くも3-2で逃げ切り、勝利を収める。
 
 
勝つには勝ったけど、最後の2失点はもったいなかった(-_-)
やっぱりW杯予選は得失点差も重要になってくるから、
それが+3から+1になったのが、悔やまれるところやね。
 
でも、アウェイで勝ち点3を取ったことに関しては、素直に評価できると思うし、
これを次のホームでのウズベキスタン戦に繋げてほしいね。
 
 
 
なんか、久しぶりに勝った試合についての感想を書いたような気がする…(苦笑)
 
そして、今日は、ガンバもナビスコカップの決勝進出をかけた重要な1戦があります!
そっちの方でも、勝った試合について書くことができるようにしたいね。
そのためにも、今日は頑張って応援します!!
 
じゃ、今から寝ます!!
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ  

 
 
 
 
コメントを投稿