2010年1月28日

激戦必至のマンチェスターダービー!!

 
 
今日は、早起きしてカーリングカップ準決勝2nd leg 、
マンチェスター・ユナイテッド vs マンチェスターシティの
マンチェスターダービーをTV観戦してました。
 
俺の場合、Jリーグがオフになると、
必然的に欧州サッカーを見る時間が増えるんやけども、
とは言え、こんな朝っぱらからサッカー見てる自分って、
ホンマにサッカーが好きやなぁ、とある意味あきれる部分もあるわ。
 
 
 
マンチェスターダービーって、バルセロナダービーと同じく、
強者が弱者を喰うダービーっていう構図が長年続いてたけど、
ここ数年の、シティの大型補強で、このカードは随分エキサイティングな
試合が展開されるようになったね。
 
特に、今回のカーリングカップの2試合に関しては、
ファーガソン&G・ネヴィルvs テヴェスの舌戦という、
ピッチ外でも盛り上がる要素があったせいで、
それが両者のライバル関係に火を注いでる感もあった。
 
現に、TV画面越しでも、警官の数の多さとかから、
スタジアムのピリピリした雰囲気が、伝わってくるような感じやったしね。
 
 
 
1st legはシティのホームで、ギグスのゴールでユナイテッドが先制するも、
今回のダービーを盛り上げる要因となった、テヴェスの
2ゴールでシティが逆転勝利。
 
1st legでは敗れたユナイテッドやったけど、
2nd legはオールドトラッフォードでの試合やから、
ユナイテッドが1st legで挙げたアウェイゴールが
どう影響してくるかっていうのが、カギやったね。
 
 
マンチェスターユナイテッド31マンチェスターシティ
 
2戦合計4-3でユナイテッドが決勝進出!!
 
 
前半、シティはテヴェスのヘッド、
ユナイテッドはギグスのシュートなど、決定的なシーンはあったけど、
ファン・デル・サール、ギヴンの両チームの守護神が
がっちりとゴールにカギを掛けてたね。
 
まあ、とは言うものの、両チームともアグレッシヴに攻めてはいたけど、
そこまでリスクは冒してないっていう印象やったかな。
 
 
 
後半になって、仕掛けたのはユナイテッド。
 
スコールズ、キャリックのゴールで、
一気にトータルスコアでリードを奪う!!
 
しかし、その直後に、テヴェスが、左サイドからのクロスを、
バックヒールボレーで決めて、シティがトータルで同点にするという、
まったく次の展開の読めない試合に。
 
この時点では、あぁ延長かな、って思ったんやけど、
そう言えば、リーグ戦でのこのカードも、後半ロスタイムまで
こんな感じの試合やった。
 
あの時は、後半ロスタイムに元祖ワンダーボーイの、
オーウェンが決勝ゴールを決めたんやけど、
この試合を決めたのは、現ワンダーボーイで、ユナイテッドのエース、
ウェイン・ルーニー!!
 
右サイドからのショートコーナーから、ギヴンの牙城を崩す、
決勝のヘッド!!
 
このゴールが決勝点となり、ユナイテッドがカーリングカップの
決勝に進出しました。
 
 
 
早起きして見る価値のあった、白熱した好カードやったね。
 
09-10シーズンのマンチェスターダービーは3試合とも見たけど、
3試合とも、見応えのある面白い試合やってくれるわ。
 
たしか、まだリーグ戦で、シティホームの
マンチェスターダービーがあったと思うから、
その試合はどんな試合になるのか、今から楽しみやね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿