2008年7月6日

反省、そして切り替え

 
 ガンバ大阪0-1柏レイソル
 
…負けてしまいました(泣)
 
昨日のブログにレイソルの注目選手はチュンソンって書いたら、
ホンマにチュンソンにゴール決められてしまいました。
これからはあまり相手チームの選手褒めんとこ。
 
それと、俺のゲン担ぎは効果無かったね…↓↓
10月の万博でのレイソル戦の前は、余計な事せんとこ…
 
 
この試合を見ての俺の感想やけど、中盤のポジショニングに疑問やったね。
 
遠藤がおらんせいか、二川とルーカスがボランチの位置まで下がってゲームを作ってたわけやけど、
バレーと山崎にせっかくいいボールが入っても、二列目の選手があんなに下がってたら、
攻撃に厚みが出えへん。せやから、バレーと山崎は自分でボールを持ったら
一人で持ち込んでシュートにいかざるをえなくなる。でも、相手のDFもそんな簡単に
シュート打たせるわけにはいかんから、当然シュートコース消してくる。
その結果、苦し紛れのミドルシュートが増える。
 
実際この試合では、レイソルの倍以上の20本以上のシュートを打ったわけやけど、
ペナルティエリア内でのシュートはほとんどなかったからね。
それに、山崎や二川のシュートがクロスバーを叩いたりと、
アンラッキーな部分もあったしね。
 
試合の途中から、二川とルーカスのどちらかが中盤に下がると、
橋本が飛び出すっていう形にしてから、試合の主導権はつかんだんやけど、
いかんせん、橋本はミドルシュートが打てるわけでも、決定的なラストパスが出せるわけでもないから、
ゴール前で止められて、カウンターをくらうって感じやった。
 
交代に関しては、いい動きをしていた二川を代えたのは疑問。
倉田が入ったあたりから、明らかに試合の流れが相手に行ってしまった。
平井も試合の流れに乗れずに見せ場を作れなかったし、
佐々木はセットプレーで決定的なシーンを作ったし、及第点かな。
 
守備に関しては、またしても我慢比べに負けたっていう感じやな。
「点が入らない→前掛かりになって攻める→守備陣に負担→失点」
っていう、いつものパターン。
正直、加地と中澤のプレーはPKを覚悟したけど、ラッキーやったわ。
守備陣に関しては色々意見があるとは思うけど、俺はそこまでひどいとは思わない。
どちらかと言うと、早い時間帯に点が取れない攻撃陣に不満やわ。
先制点が入れば守っているほうも気持ちは楽になるやろうしね。
 
 
以上が俺の今日の試合の感想です。
負けたとは言っても、まだ首位と勝ち点差4やし、リーグ全体が混戦やから、
挽回するチャンスはいくらでもある!
だから、今週土曜日の川崎戦は絶対勝てるように気合い入れて応援するぞ!
 
じゃ、今からF1イギリスGP見ます!!
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ  

 
 
 
 
 
 
コメントを投稿