2008年11月20日

カタールに勝ったる

 
1993年10月28日… ドーハの悲劇…

当時、俺は小学校1年生でした。
 
その時の記憶はほとんど覚えてへんねんけど、
親父の話によると、俺は、親父と2人で試合を見てたらしいです。
 
イラクのショートコーナーから、同点ゴールとなるシュートが
日本のゴールマウスに吸い込まれ、項垂れる選手たちがTVに映ってました。
 
その光景を呆然と見ている親父に対し、
俺は、何度も「アカンかったん?」って訊いていたらしいです。
 
 
それから、15年…
日本は、あのドーハの時以来初めて、因縁の地でW杯最終予選を戦いました。 
 
  
 
日本3-0カタール
 
 
 
勝ったやん(^.^)

 

この間の、ウズベキスタン戦を見る限り、
どうなることかと思ってたけどね。
 
 
っていうか、この試合に橋本と安田がベンチにも入ってないってどういう事(・・?
もう、岡田は紅白戦要員に選手を招集するのやめてほしいわ。
 
 
まあ、その辺に関しては色々と言いたいことはあるけど、
最近の協会のお偉方の発言等に対する愚痴を書いてたらキリがないので、
ここでは書くのはやめときます。
 
 
試合に関して言えば、日本は試合の序盤こそ相手の寄せの速さに苦戦してた感があったけど、
ほとんどの時間帯でゲームの主導権を握ってたと思うし、
ゴールに対してのアプローチの仕方もよかった。
 
 
ただ、カタールはそれほど強くはなかった。
 
選手個人個人の能力は高いんやと思うけど、
守備陣の連携は拙く、攻撃も個人の突破頼みで
連動した動きで崩すようなシーンは少なかったしね。
 
まあ、最近監督がQueenのブライアン・メイに代わったばっかりらしいから、
連携面での練習が不足してんのかもね。
 
 
え? カタールの監督の名前が違うって(・・?
 
 
いや、だってほら、似てないですか?
 
ブライアン・メイ
 
ブルーノ・メツ
 
ほら(・_・)
 
 
まあ、別にカタールの監督が誰に似てようが、
そんなんどうでもいいねんけど。
 
  
え~、ちょっと話が脱線してしまいましたm(__)m
 
 
日本は田中達也のゴールで先制しました。
まあ、カタールの守備陣の対応もどうかと思ったけど、
田中はホンマにいい選手やね。
 
前線からのチェックも怠れへんし、オフザボールの動きの質も高い。
 
ただ、怪我が多いんよな、この選手は。
1年通して活躍できれば、かなりの成績を残せる選手やと思うんやけど、
それが惜しいところやね。
 
 
 
そして、後半開始早々の玉田の2点目。
 
この間のシリア戦でもそうやったけど、
なんであんなにフリーになってるんやろ?
 
そう考えると、あのシリア戦は玉田にとって
いいシミュレーションになったんかな。
 
 
 
で、日本の3点目のチョンマゲゴール(-_-)
 
まあ、良かったんじゃないですか(-。-)y-゜゜゜
 
 
 
最後に、我らがガンバから唯一試合に出た、マエストロ・遠藤ですが、
よく走ってたと思うけど、やっぱり疲れてんのかなぁって思うシーンがあったね。
 
CKからのボールの質もあんまり良くなかったし、
守備面での応対でも、足だけでいってかわされるシーンとかあったしね。
 
ただ、岡田よ。 遠藤を90分間使わないでくれ(-_-メ)
 
 
 
まあ、なにはともあれ、日本はアウェイで貴重な勝ち点3を手にし、
同じくアウェイで勝利を収めたオーストラリアとの勝ち点差2をキープしました。
 
そして、次はグループ首位のオーストラリアと、
日本のホームで直接対決です。
 
大変な試合になると思うけど、ホームなんやし、
なんとか勝ってグループ首位に浮上して欲しいところやね。
 
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿