2008年11月1日

ナビスコ決勝に思うこと

 
今日は、ナビスコカップの決勝戦がありました。
 
と、同時に、俺の22歳の誕生日でもあります。
 
今年のJリーグの日程が発表された時、
ナビスコの決勝が11月1日というのを見て、
ガンバのナビスコ連覇が俺の誕生日プレゼントになればいいななんて思ってました。
 
まあ、御存じのとおり、ガンバの今年のナビスコカップは、
ベスト4で敗退してしまいましたが、
 
今年は、ACLで決勝まで進出してるので、
11月12日に、約2週間遅れの誕生日プレゼントが届くのを楽しみにしてたりします。
 
 
え~、ナビスコの決勝の結果はどうなったかと言いますと…
 
 
大分トリニータ2-0清水エスパルス
 
 
いや~、見応えのあるいい試合やったね(^.^)
両チーム球際激しく行ってたし、中盤の攻防も面白かった。
 
 
でも、前半は、両チームとも決め手に欠ける感じがあったね。
 
トリニータの方は、高松のヘッドからホベルトのポスト直撃のシュートがあったけど、
セットプレーのチャンスが多かった割には、これぐらいしか惜しいシーンは無かったね。
これは、本来キッカーを務めるはずの鈴木慎吾が出場停止やったからやと思う。
 
あと、鈴木の出場停止により、左WBには守備力の高い藤田が入っていたけど、
この影響からか左サイドからの崩しが少なかったように思う。
 
 
一方、エスパルスの方は、ガンバ戦であれほど嫌な動きをしていた
トップ下の枝村が、エジミウソンとホベルトのマークにより、
ほとんどボールに絡めなかったのが痛かったかな。
 
  
前半は、両チームとも互いに譲らず、
拮抗した状態でハーフタイムへ…
 
 
後半も、ピチブーの豪快なミドルがあったけど、
試合の流れとしては、ほとんど互角の展開が続いていたように思う。
 
試合が動いたのは、後半23分、右サイドでドフリーになったムーのクロスを、
ファーサイドで待ち受けていた高松がヘッドで押し込み、
大分が先制。
 
 
毎年、主力選手が大勢移籍する大分のなかで、
生え抜きのキャプテンである高松のゴールで先制したのは、
他サポながらなんか感慨深いものがあったね。
 
でも、ムーのクロスの場面で
本来あのスペースをカバーすべき、児玉は何をしてたんやろ?
 
 
この後、清水は、市川とパウロを投入。
 
う~ん…、この2人はスタメンでもよかったと思うけど…
 
 
しかし、J最小失点を誇る大分は、この1点があれば十分とばかりに、
守りを固めてきたせいか、清水はなかなか突破口を見いだせない。
 
この日、まったくと言っていいほど仕事ができなかった枝村との交代で入った
矢島が、惜しいシュートを打ったけど、正直同点にできるチャンスはこれぐらいやったと思う。
 
 
試合終了間際に、ムーのドリブル→スルーパスから、
ピチブーが決め、2-0になったところで、勝負あり。
 
 
大分がクラブ史上初のタイトルとなるナビスコカップ制覇を果たしました!
 
大分サポの皆さん、おめでとうございます(^o^)/
 
 
でも、家長は、自分自身はナビスコ連覇やけど、
2年連続で出番無かったね(-_-;)
 
う~ん、今日の試合観た感じ、家長はこのチームでポジションあるのかなぁと思う。
 
彼が本来希望するトップ下のポジションは、ムーの聖域と化してるし、
シャムスカは左WBで家長を使う気は無いみたいやしね。
 
来年はどうするつもりなんやろか…
 
 
 
一方、清水の方は、1週間前にガンバと試合した時と比べると、
やりたいことをさせてもらえてないなぁって感じがした。
 
特に枝村。
 
それに、なんか監督の采配も後手踏んでるようにも見えたしね。
 
 
「ナビスコは清水が獲る、ACLはガンバが獲ってくれ」
 
と、日本平でパルちゃんが威勢良く言っていたみたいやけど、
今日清水が負けたことで、水曜のACLは
清水の仇打ちみたいになってもうた感じがするね(-_-;)
 
 
まあ、そんな今は亡き(!?)パルちゃんの意志も受け取って、
ACLは絶対に勝たなあかん!
 
俺は、オーストラリアには行けませんが、
1stlegは参戦予定なので、なんとしても勝利して第2戦に弾みを付けてほしいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ  

 
 
 
 
コメントを投稿