2009年1月2日

かちましておめでとうございます_(._.)_

 
 
ガンバ大阪10柏レイソル
 
  
かちましておめでとうございます_(._.)_
今年も本ブログをよろしくお願いします。
 
 
満身創痍のガンバの選手たち。
 
アキラ・明神・中澤はタイトルが懸った試合で古巣との対戦。
 
相手の柏の石崎監督は、この試合での退任が決まってる。
 
準決勝に続いて2試合連続の延長戦。

そして、何と言っても、この試合を決めたのが、
今まで、ネタとしか思えないほど外しまくってた、背番号#11
 
なんと、9か月ぶりのゴール!!
 
 
なんや、この、青春スポーツドラマの最終回みたいな試合は(^_^;)
できすぎやろ…
 
 
試合は、前半15分あたりまでは、
柏に押し込まれる苦しい展開やった。
 
でも、なぜかビッグマッチで大当たりする藤ヶ谷に、この試合でも神が降臨。
柏のシュートを次々と跳ね返す。
 
そして、徐々に試合が落ち着いてきた前半30分あたりから、
ガンバがリズムを掴んできたと思う。
 
 
そして、後半から、柏はフランサを投入。
 
前にも書いたことあるように、
俺の中でフランサは個人的に好きな選手やけど、この試合では別。 
絶対に魔法を掛けさせてはいけない!!
 
でも、その心配も杞憂やったね。
 
フランサが入ったことで、柏の前線からのプレスが機能しなくなって、
ガンバがボールを持てるようになったし、
この日のフランサは不調だったのか、パスミスが多く、
ガンバとしてはボールの取りどころができたような感じやった。
 
しかし、ガンバもガンバで決定機を生かせず試合は延長戦へ…
 
新年早々、延長戦。 しかも2試合連続…
まったく、どんだけサッカーが好きなんだ…
 
 
そして、延長後半、ついにアキラが動く。
播戸投入。
 
延長後半11分、ルーカス→遠藤→倉田と繋ぎ、
最後は、その播戸へ…
 
最初のシュートがDFに弾かれた時は、
一瞬、「あぁ、やっぱり駄目か…」って思ったけど、
跳ね返ってきたボールが、再び播戸の前へ…
 
 
ゴーーーール!!!!
 
 
興奮の坩堝と化すゴール裏…
俺は、前方で応援してた、いかついお兄さん軍団に引きずり込まれ
もみくちゃにされました。
 
その中で、サングラスをかけたオジサンにヘッドロックをされました。
(そのせいか、今でも首が痛いです)
 
興奮が一段落して、ふと自分の位置を確認すると、
最初自分がいた場所から7~8段ぐらい転落してました。
 
今までゴール裏には何回も行ってるけど、
こんなに凄い状態になったのは初めてやったわ
 
 
そして、試合終了のホイッスル!
 
 
ガンバ大阪、天皇杯制覇!!
 
おめでとう!!!
 
 
  
試合後、殊勲の播戸がゴール裏に来た時の第一声…
 
「お待たせしました~!!」
 
うん、待ったよ、待ちくたびれたわ。
待ち過ぎて、とうとう君が誰やったのかわからんようになったわ(+_+)
 
…って冗談やって(苦笑)
 
2009年は頼むぜ、播戸竜二!!
 
 
 
これで、長い長い今シーズンは終了です。
 
もう選手には何て言ったらいいかわからん。
 
とりあえず、お疲れ様。
ゆっくりと体を休めて、戦いの傷を癒してください。
 
 
 
っていうか、2009年のJリーグ開幕まで2カ月無いんやね~
ホンマ、サッカー選手って大変な仕事やね、御苦労さまです。
 
これで、今年のACLの出場権も獲得したし、
2009年は選手にとっても、サポにとっても、また忙しい年になりそうですね。
 
ガンバ大阪、ありがとう
そして、今年もよろしく
 
 
 
コメントを投稿