2009年10月3日

歯列矯正#9

 
 
昨日は、歯医者に行ってきました。
 
 
前回はバンドっていう歯を固定する器具をつけたんやけど、
今回は、ブラケットっていう 歯を動かす矯正器具をつけました。
 
歯を矯正してる人っていうと、歯の表面に金具みたいなものを
装着している姿が想像できると思うんやけど、
その、金具みたいなものがブラケットです。
 
 
 
歯列矯正をするにあたって、
ブラケットってどういう風に固定してんのかなって、
不思議に思ってたんやけど、なかなか意外な方法やった。
 
俺は、両サイドの奥歯にワイヤーの固定器具をつけて、
歯の表面を沿うように、右の奥歯から左の奥歯に
ワイヤーを通すのかなって思ってたんやけど、
 
実際は、動かす歯の表面に接着剤をつけ、そこにブラケットをくっつけて、
それらに1本ずつワイヤーを通して固定していくっていう方法やった。
 
さすがに、接着剤を使うとは思わんかったね。 
 
 
で、ブラケットをつけてみての感想は、
歯を前から強く押しつけているから、結構痛みがあるね。
物を噛むとそれがさらに顕著やわ。
 
あと、歯磨きにも時間が掛かるようになったし、
いよいよ、本格的に治療が始まったなっていう感じやね。
 
多分、3~4年はこういう生活が続くと思うけど、
うまく、この口の中の違和感と付き合っていきたいなと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿