2009年10月17日

勝ったわけでも、負けたわけでもない。

 
 
ただでさえも、体調を崩しそうな天候で、
さらに、代えるに代えられない試合展開になってしまい、
結局、遠藤を強行フル出場。
 
そして、6人しかいないベンチ入りメンバー。
 
う~ん、わかってはいたけど、
やっぱりウチの監督は並の神経してないわ。
 
まあ、二川を出場させなかっただけ、まだマシかな。
アキラの事やから、最悪強行出場もありえると思ってたし。
 
 
 
ガンバ大阪22サンフレッチェ広島
 
 
 
相変わらずの前半と後半の変貌ぶりには
毎度毎度、驚かせてくれるわ。
 
ただ、勝てたよなぁ、っていうのが率直な感想。
 
 
 
俺が思うに、前半の不調の原因は2つあって、
明らかにペドロが攻撃の流れを止めてたのと、
必要以上に相手を意識しすぎたかな、と思う。
 
まず、ペドロはドリブルに固執しすぎ。
 
広島もそれをわかっていて、人数をかけてボールを奪いに来るけど、
ペドロはルーカス以外の選手にパスを出さないもんやから、
簡単にボールを奪われて、カウンターの起点になってしまっていた。
 
ペドロがこんな調子やから、ボールがペドロに収まっても、
他の選手が前線に上がっていいのか躊躇してるように見えて、
結果的に、チーム全体のリズムを悪くしてたね。
 
本音を言えば、前半だけでペドロを代えてたら、
後半の追い上げがもっと早くできたかな、と思うんやけど、
これは今さら言ってもしょうがないわ。
 
 
 
2つ目の相手を意識しすぎっていうのは、
広島の佐藤寿人の飛び出しを警戒するあまり、
DFラインがいつもより低いように見えた。
 
まあ、これにより寿人には決定的な仕事はさせなかったけど、
ラインを低くしてたせいか、中盤の押し上げが遅くて、
厚みのある攻撃ができてなかったかなと思う。
 
前半、ガンバは何本かシュートは打っていたけど、
結構、苦し紛れのミドルが多かったからね。
 
 
 
前半は、広島の方も、決定機を逸する場面が多かったけど、
終了間際に、青山と槙野に立て続けに決められ、2失点。
 
しかも、2点とも、ペドロのいる左サイドが起点となっていた。
 
ガンバは、この試合、下平じゃなくて高木が左SBに入ってたけど、
これは、ミキッチ対策と言うより、前がペドロだからっていう
理由からやったと思う。
 
その高木は、足下の技術やフィードは結構正確やし、
1対1のプレーでもさすがに安定感ある。
 
ただ、これは本職ボランチの橋本がSBをやった時にも言える事なんやけど、
やっぱり、本職がCBのせいか、ポジショニングが中に絞りすぎで、
サイドに素早く展開されると、ちょっと付いていけてなかった。
 
1失点目と、その前にミキッチにドフリーでクロスを上げられた
シーンなんか、その典型的な例やと思う。
 
 
 
まあ、前半は悪い部分がたくさん出たガンバやったけど、
後半は一転して、攻勢に出たね。
 
その流れを代えた要因は、
ペドロに代えての播戸投入やったと思う。
 
ルーカスと播戸が前線から献身的にチェイシングをすることで、
広島が、DFラインからボールを繋げなくなり、
ロングボールを前線に放り込んでくることが多くなったね。
 
これにより、トップ下の柏木と高萩がボールに絡めなくなり、
結果的に、寿人が孤立する形になって、
広島の流れが一気に悪くなった。
 
 
 
そして、そこからガンバが、流れを掴み、
橋本、佐々木と連続でゴールを決めて、同点に追いつく!
 
橋本は、お子さんが生まれた翌日にゴールを決めるっていう、
子どもが大きくなった時に、自慢できそうなことをやってのけたね。
 
でも、これで試合に勝てたらなお良かったんやけど…
 
 
 
これだけ書いたら、
播戸の投入がガンバの勝ち点1に繋がった、
っていう風にまとめたいところやねんけど、
 
やっぱり、後半39分の絶好の得点チャンスを、
決められなかったのは痛すぎる。
(まあ、思いっきりオフサイドに見えたけど)
 
多分、海外サッカーの見過ぎの播戸の事やから、
キーパーと1対1になった瞬間の選択肢は、
 
① 華麗にループシュートを決める。
② 華麗にキーパーをかわして、無人のゴールに流し込む。
 
のどちらかやったと思うけど、
残念なことに、播戸竜二という選手は、
華麗なテクニックとは無縁の選手。
 
シュートさえ打てずに、中林にボールをキャッチされ、
頭を抱えて、ピッチに寝転がる姿に、
思わず、こっちまで頭を抱えてしまった。
 
 
 
後半ロスタイムに、遠藤が華麗なループシュートで
広島のゴールを狙うも、盛田にかき出され、万事休す。
 
結局、勝ち点1を分け合うっていう、結果になりました。
 
 
 
2点ビハインドを追いついたっていうことは、
評価すべきやと思うけど、もったいないなぁって感じがして、
どうもモヤモヤする試合でした。
 
次節、万博でのマリノス戦までに、遠藤の体調が万全になって
ケガ人がどれだけ戻ってくるかがカギやね。
 
特に、二川のケガの程度がわからないのが不安やねんけど、
早く、戦列に復帰して、ガンバにエロさを加えてくださいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
コメントを投稿