2009年10月15日

トーゴねぇ…

 
 
まあ、大勝したとはいえ、事前の報道でもあったように、
ベストメンバーとは程遠いメンバーで、試合前日に来日するという、
明らかにやる気の無いトーゴが相手やっただけに、
評価しづらい試合ではあったよね。
 
そもそも、トーゴって、ドイツのW杯前に、
出場給の未払いが原因で、大会前に代表監督が辞任するような
ゴタゴタした国やのに、そんな国とマッチメイクをした
日本サッカー協会もどうかと思うけどね。
 
 
 
日本50トーゴ
 
 
 
この試合のシュートの本数、日本が30で、トーゴが1って、
ゴールマウスの前に川島が立ってなくても勝てたんと違うか(苦笑)
 
まあ、とは言うものの、まったく見どころが無かったわけでもなかった。
 
 
 
岡崎は、香港戦に続き、この試合でもハットトリックを決めたけど、
ゴール前でのポジショニングのセンスはすごいね。
 
一見、当たり前の事にも思うんやけど、
いてほしい所にちゃんといるっていうか。
 
 
 
そして、森本。
 
あのゴールは、相手のコンディションとか、
そういうものを抜きにしても、素晴らしいゴールやったと思う。
 
相手DFを背負って、反転してシュートなんて、
代表の試合では久しぶりに見たわ。
 
現時点でも、代表のエースを張れるだけの実力はあると思うから、
ケガだけには気をつけて欲しいね。
 
 
 
まあ、他にもいい部分はあったけど、
それはどちらかというと、相手の酷さに助けられた感があるから、
何とも言えんよね。
 
この、10月の代表の、香港・スコットランド・トーゴの
3連戦は、実力に差があったり、相手がベストメンバーじゃなかったりして、
選手の力量が計れた試合って無かったと思う。
 
まあ、新しい事を試そうって言うなら、これでもいいんかもしれんけど、
チームの成熟度を上げるには、やっぱりW杯本大会に出てくるような、
メンバーを揃えた強豪国とやらないとね。
 
その点、この間のオランダ遠征なんかは、
非常に有意義やったと思うけど。
 
 
 
そういや、遠征と言えば、アルゼンチンが
試合をしに来てもいいということを言ってるみたいやね。
 
まあ、時期がいつになるかは微妙なところやし、
各クラブにとっても、主力を南米遠征に行かせるのは
抵抗があるかもしれんけど、
 
協会に、本気で代表を強くしたいという心意気があるなら、
是非とも実現させてほしい、マッチメークではあるよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
コメントを投稿