2009年10月29日

ACL、日本勢3連覇ならず…

 
 
さすがに、4点ビハインドは厳しかったか…
 
 
 
名古屋グランパス12アル・イティハド
 
 
 
やたら攻撃的な名古屋のスタメンを見て、
これは、ピクシー、本気やなと思ってたんやけど、
 
攻撃的な選手を並べたからと言って、
攻撃的なチームになるかと言われたら、
一概にそうとも言い切れないのがサッカーの面白いところ。
 
現に、この日の名古屋も、チームとして攻撃的にできたかと言えば、
そんなことはなかったわけやしね。
 
 
 
アル・イティハドは、名古屋がバランスを崩してでも、
攻撃的に出てくることを見越して、上手くカウンターを狙ってきたけど、
それが結果的に成功したって感じやね。
 
ただ、戦術面で言えば、そういうことなるんやけど、
1st legの時同様、この試合の後半も、
メンタル的に負けてたなぁ、って見てて思った。
 
杉本のオーバーヘッドでのシュートは見事やったけど、
ゴールが決まった後、ポーズを決めてるヒマがあるんやったら、
早くセンターサークルにボールを返してほしかったし、
 
マギヌンやブルザノビッチが、決定機を外しても、
淡々とプレーしてたのが印象的やったわ。
 
名古屋には、チームが苦しい時、大声を張り上げて、
チームメイトを鼓舞できるような、
リーダーシップがとれる選手がおらんのかな?
 
名古屋が、チームとして、もう1段階上に行くためには、
そういう選手が必要になってくると思うけどね。
 
 
 
でも、この試合に関しては、残念な結果に終わったけど、
グループリーグや、先日の川崎との試合を含めて、
名古屋の今大会の戦いぶりは、初出場にも関わらず、
堂々たるものやったと思う。
 
カテゴリーがアジアとはいえ、
Jでプレーする選手が、世界に目を向けるのはいい傾向やと思うし、
名古屋には、またこの大会にリベンジしてほしいね。
 
 
 
ただ、アル・イティハドは、マリノス、名古屋といい、
ACLで日本勢を軽くねじ伏せてきているので、
「Jのチームは大したことない」と思ってるかもしれへん。
 
来年、ガンバの選手達が、Jリーグ王者として出場した
ACLの舞台で、アル・イティハドを破る。
 
そんな姿を是非見てみたいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿