2009年10月25日

負けに等しいスコアレスドロー

 
 
なんか、実に淡々と試合が進んで、
淡々と試合が終わってしまったなぁって感じやった。
 
 
 
ガンバ大阪0-0横浜F・マリノス
 
 
 
試合開始直後から、NHKの実況の町田アナと、
解説の人間力がガンバをべた褒め。
 
まあ、ガンバサポからすれば、自分の応援しているチームを
褒めてもらえるのは嬉しいけど、ここまで露骨やと、
あんまりいい気はせえへんよね。
 
もちろん、マリノスのサポーターからすれば、
気分悪いやろうし。
 
 
 
で、ガンバはそんなにいい試合をしてたのか、と聞かれたら、
そうでもないんよね。
 
前半は、ワンタッチでテンポよくパスが回り、
マリノスのDFラインの裏にも、いいボールが出て、
結構いい感じで攻めてたかな、と思う。
 
だけど、そんなガンバの攻撃陣の前に立ちはだかったのは、
ボンバー中澤。
 
対人プレーの対応に関しては、さすがやし、
この日のマリノスは、思い切って高いDFラインを敷いてきたけど、
ボンバーは見事にそのラインを統率して、
オフサイドを幾つも取っていた。
 
まあ、それでも、ペドロがキーパーをかわして放ったシュートが、
決まってたら、試合展開は変わったと思うけどね。
 
 
 
この日は、広島戦に続いて、左SBに高木を使ってたけど、
マリノスの右サイドにミキッチみたいな選手がいるわけでもないし、
ペドロも左サイドじゃなくて、FWでの起用やったから、
別にここは下平で良かったんじゃないかなぁと、思う。
 
高木も、積極的にシュートを打ったりしてたけど、
左サイドからのビルドアップに苦戦してたし、
クロスを上げるとき、いちいち右足に持ち替えるから、
テンポが遅れるんよな。
 
得点が必要な状況で、守備専の高木を
90分使った理由も良くわからんかったわ。
 
 
 
後半になると、ガンバのパスワークは、
ゴールを目指すものじゃなくて、パスを回すためのパスになって、
目的と手段が逆転する悪い時のガンバになってしまった。
 
それに、前半は、いい意味でも、悪い意味でも、
ペドロのドリブルがアクセントになってたけど、
ペドロが播戸と交代してから、強引な仕掛けが無くなったよね。
 
でも、ペドロもフィットしているとは到底言い難いし、
ここは、マリノスの高さと強さを兼ね揃えるDF陣に対抗するため、
チョ・ジェジンという選択肢は無かったんかなぁ、と思う。
 
点が取れない時、アキラがとりあえず播戸を放り込むのは、
見慣れた光景やけど、もういい加減、厳しいんじゃないかと。
 
この日も、35分間出て、シュート0やからねえ…
 
 
 
それに、マリノスも、アウェイで勝ち点1なら御の字だ
っていう感じで、後半途中からリスクを負って攻めてこなくなったから、
余計に点が取れない状況になった。
 
その結果、マリノスからしてみれば、このドローは狙い通り、
ガンバとしては、痛恨のドローになってしまった。
 
 
 
勝ち点1とは言うものの、現状を考えたら、
このドローは負けに等しい。
 
でも、厳しくなったとはいえ、
まだまだ優勝の望みは残されているから、
次節の京都戦、何が何でも、勝ち点3を取って欲しいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
コメントを投稿