2009年10月9日

日本平で香港に大勝

 
 
日本平での代表戦って、珍しいと思ってたら、
初開催やったみたいね。
 
それと、この日の代表のサポーターは、
地元清水の方が多かったせいか、こころなしか応援のリズムが、
エスパルスのサンバ調の応援やったのが印象的やったね。
 
 
 
日本60香港
 
 
 
大味な試合ではあったけど、
たまにはこういう試合もいいんじゃないでしょうか。
 
ただ、実力差は明らかやのに、ベストメンバーで試合に臨むなんて、
岡田は、どっかの大阪のJクラブの監督みたいなことするんやね。
 
まあ、次戦の相手のスコットランド代表の、
ほとんど主力が来日してないらしいし、
あくまでこの試合は、公式戦として勝ちに来たってことなんかね。
 
 
 
試合が始まって、最初に思ったのが、
香港の選手の技術の無さ。
 
ヘッドでキーパーに返そうとしたボールが、横に逸れてコーナーキックになったり、
日本のゴール前で、後ろに誰もおらんのにパスをスルーしたり、
J2でプレーしてる選手でもこんなことせえへんやろっていう
プレーが見られたね。
 
日本も、前半に順当に岡崎と長友が得点を挙げたけど、
あれだけチャンスがあれば、まあ当然ってとこかな。
 
W杯本大会になったら、
少ないチャンスでいかに得点できるかが重要になってくるから、
今回のような数打ちゃ当たるっていうわけにはいかんやろね。
 
 
 
ただ、そんな格下との相手の試合でも、
後半に2得点を挙げて、ハットトリックを達成した岡崎はさすがやね。
 
ゴールを狙える場所に入ってくるポジショニングセンスや、
常にこぼれ球を狙っている狡猾さは、全盛期のゴンを思わせるわ。
 
あと、所属クラブではイマイチ調子の上がらない俊輔も、
このレベルの相手やったら別格。
 
我らが遠藤も、目立つ場面は無かったものの、
無難にボールを捌いて、ゲームをコントロールしてたね。
 
 
 
反対に、大久保と松井は残念やった。
 
大久保は、アシストは決めたけど、
玉田が交代してから、FWとしてプレーする時間があれだけあったのに、
あまりにも見せ場が少なかったね。
 
本来、俊輔と同様、このレベルの相手なら別格であるはずの松井からは、
かつてのボールを持った時に、ワクワクさせてくれる雰囲気が無くなったね。
 
決定的なシュートシーンでもふかすし、
個人的に好きな選手やから、早くベストコンディションを
取り戻してほしいわ。
 
 
 
次戦は日産でのスコットランド戦。
 
先述の通り、主力が来日してないスコットランドやけど、
この香港戦で出番の無かったメンバーには、
チャンスが巡ってくると思うので、奮起してアピールしてほしいね。
 
俺にとっても久々の代表戦観戦なので、
そこらへんを楽しみにして見に行ってきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
コメントを投稿