2009年5月1日

”ガンバらしい”快勝

 
なんか、東京戦の感想を書く暇無いなぁ~って思ってたら、
もう明日は大分戦やねんね。
 
どんだけ過密日程なんや…
選手には体調管理に充分気をつけて欲しいね。
 
 
そしてさっそく、東京戦なんですが…
 
 
ガンバ大阪42FC東京
 
 
久々に大量得点での勝利やね!!
 
まあ、そんな試合でも、ちゃんとツッコミどころを残すあたりが、
ガンバらしいっちゃガンバらしいねんけども(苦笑)
 
 
試合の入り方としては、両チームともそれほどいいってわけじゃなかったけど、
その中で、ルーカスの動きの良さが目立ってたね!
 
やっぱり、東京は古巣やから、本人としても期するものがあるんやろね。
 
 
そして、そうこうしてる間に、
右サイドからの佐々木のクロスを
羽生がコースを変えてゴールに流し込み、ガンバが先制!!
 
さらに、ルーカスが絶妙なトーキックシュートで、
幸先良く、2点リードの展開に…
 
 
 
まあ、こんなにいい感じでリードを奪える展開って、
最近のリーグ戦では無かったから、非常に良かった。
 
でも、その中で、俺が気になったのは、
東京の選手たちのパフォーマンス。
 
 
DFラインからのフィードはことごとくガンバがカットしてたし、
梶山に至っては、パスミスを連発して、ガンバの司令塔と化してたからね…
 
まあ、他所のチームの心配をしてる余裕が無いのはわかってるけど、
東京には、昨年のようなアクティヴなサッカーを取り戻して欲しいもんです。
 
 
そして、ガンバはこのまま前半を2点リードで終了。 
 
 
 
ハーフタイムを挟んで、後半開始。
 
 
後半開始から、若干クールダウンモードのガンバ。
しかし、その中でも、エンジン全開の男が一人…
 
そう…、”レアンドロ”です。
 
こいつは、やっぱり毎試合ゴールしたいんだな。
 
時にはこの熱さが間違った方向に行く時もあるけど、
こういう貪欲さが頼もしいじゃないですか。
 
 
その意思に周りが応えたのはその直後。
 
右サイドをえぐった佐々木のクロスを、
レアンドロが落ち着いて、決めて3-0!!
 
 
さらに、前半から、レアンドロとまったく息が合ってなかった
チョ・ジェジンが、レアンドロのクロスを体ごと押し込み、4-0!!
 
まあ、この2人の連携に関しては、
まだだいぶ改善の余地が残されているやろうね。
 
 
 
しかし、先にも書いたけど、
これですんなり終わらないのがガンバの面白いところで…
 
後半34分、36分と立て続けに東京にゴールを許し、
なんと2点差に!!
 
 
っていうか、足が攣った佐々木が交代してから、
ガンバが10人になったような錯覚に陥ったのは俺だけか?
 
ねえ、寺田君。
 
今まで、佐々木が必死に攻守に奔走してたのに、
交代したばっかでフレッシュな君が一番走ってなくてどうすんのよ。
 
まあ、久々の出場機会にも関わらず、
アグレッシヴにプレーしてた倉田を見習って欲しいね。
 
 
 
そして、試合はこのまま4-2でガンバが勝利しました。
 
まあ、最後の2失点と、
結局遠藤を90分使ってしまったのはいただけなかったけど、
着実に勝ち点3を上積みできたのは大きいね。
 
これからも厳しい戦いが続くけど、
強かに勝ち点を積み上げていってほしいね。

 
あ、写真は、レアンドロと佐々木です。
 
ちょっと遠いけど…(苦笑)
 
 
そして、次はアウェイで大分戦。
 
今年も大分に行けず…
 
大分には毎年行きたいと思ってるねんけど、
どうもいっつもタイミングが悪いんよな~
 
まあ、梅田のスポーツバーでの観戦になると思うけど、
勝利の念を大分まで送るので、今度はツッコミどころのない快勝を期待したいです!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
コメントを投稿