2009年5月24日

ガンバらしい負け方と、鹿島らしい勝ち方

 
 
ガンバ大阪01鹿島アントラーズ
 
 
いや~、ここで負けるのはキツイなぁ…(-_-;)
 
 
鹿島は、ACL直後の試合の戦い方として、
 
試合開始直後から飛ばし気味に試合に入り、
先制点を奪う。
 
そして、先制した後は、
無理をせずに様子を窺いながらカウンターを狙い、
 
後半30分過ぎから、
上手く時間を使って逃げ切る。

結果、この形がハマって、
ここまで順調に勝ち点を積み重ねてる。
 
 
で、この試合の鹿島も、
当然のように、その形で試合に臨んで来てたね。
 
 
 
対する、ガンバやねんけど、
 
こちらは、鹿島が前半から
飛ばし気味に来るってわかっていたのにもかかわらず、
眠ったままピッチに入るという悪癖が発症…(;一_一)
 
その結果、あっけなく先制点を奪われ、
慌てて反撃開始。
 
しかし、幾度も訪れるチャンスを決め切れずに、
前掛かりになり、カウンターを食らいまくる。
 
点を取らなければいけないのに、
カウンターを食らいまくった影響で、選手がバテてミス連発。
 
挙句の果てには、苦し紛れのパワープレーを試みるも、
これも実らず、敗戦。
 
 
まあ、悪い時のガンバの典型的な形やったね。
 
 
 
ガンバは、この試合で、
宇佐美を先発させた訳やけど、
 
1回、いい飛び出しからシュートがあったけど、
それ以外は見せ場無く、前半で交代。
 
っていうか、どこにおるんかわからんかった(-_-;)
 
この重要な1戦で、
宇佐美を先発させたアキラの心意気には感心したけど、
さすがに、鹿島相手ではキツかったかなぁ…
 
でも、宇佐美も、この苦い経験を糧にして、
成長してほしいね。
 
 
 
アキラは、後半から、宇佐美に代わって、
安田を投入。
 
安田は、入った直後の15分ぐらいまでは良かったけど、
絶好のシュートチャンスを外したり、
 
4月の大宮戦を思わせる、不用意なキープから、
ボールを奪われて、危ないシーンを作られてた。
 
 
いつになったら、調子が上がってくるんやろ?
 
時折、キレがあるプレーを見せたりするから、
フィジカルというより、メンタル面の問題やと
思うんやけどね。
 
 
 
あと、DFに関して。
 
鹿島は、前半から下平のサイドを狙って来てたね。
 
まあ、安田が左SBに入ってもそうやけど、
ガンバと試合する上で、左サイドを狙うってのは
もはや、Jの他チームの共通事項になりつつあるね。
 
この試合での失点シーンもそうやったし。
 
 
でも、鹿島は、
後半から橋本のサイドを狙って来てたような気がする。
 
下平の守備の甘さについて、指摘されることが多いけど、
俺は、橋本のSBも大概やと思うんやけどね。
 
 
結局は、加地待ちって事なんかなぁ…
 
あまり1人の選手に負担をかけるのはどうかと思うんやけどね。
早く、バックアップを確保して欲しいもんやね。
 
 
 
まあ、守備に関しては課題はあるけど、
なんだかんだで1点に抑えてるわけやし、
 
前節の浦和戦に引き続いて1点も取れなかった
攻撃陣の方が深刻やと、俺は思うんですけどね。
 
 
この点に関しては、レアンドロの離脱が響いてる形やけど、
 
去年に引き続き、
結局、得点に関しては1人の外国人に頼っていたという
現実を突きつけられる度に、やるせない気持ちになるよね。
 
 
でも、ガンバには、もう1人、
チョ・ジェジンという優秀なストライカーがいるわけやし、
 
6月から始まるグアムキャンプで、
チームとして、上手くチョ・ジェジンを生かせるように、
連携を深めてほしいね。
 
 
 
今日、首位鹿島に敗れたことで、
鹿島との勝ち点差は9。
 
リーグ優勝を考えるには相当厳しい数字やね
 
鹿島が急激に失速するとは考えにくいけど、
ガンバとしては、勝ち続けるしかないわけやから、
中断明けの快進撃に期待したいわ。
 
 
 
 
 
最後に余談やねんけど、
 
今日、俺は、都内のスポーツバーで観戦してたんやけど、
店内にいた鹿島サポの集団が、
 
大阪の選手に近づくな、インフルエンザがうつる!」とか、
 
選手はマスクしてプレーしろ」とか、言ってて、
かなりムカついた。
 
いくらなんでも、それは酷すぎるじゃないかと思ったわ。
 
 
鹿島は、王者やねんやから、
サポーターも紳士的であってほしいよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
コメントを投稿