2009年5月21日

宇佐美の鮮烈デビュー!

 
なんか、今回のACL第6節はいろんなことがあったね
 
川崎が、浦項に負けたり、
スリウィジャヤが山東に勝ったり、
 
 
宇佐美がデビュー戦でゴール決めたり
 
 
もちろん、ゴールを決めてほしいっていう願望はあったけど、
正直、厳しいんとちゃうかなって思ってた。
 
でも、まさか、ホンマにゴールするとは、
持ってるものが違うんやろね。
 
 
前半の宇佐美は、普段の彼にしては走ってた方やと思うけど、
やっぱり消えてる時間が長かった。
 
でも、ボールを持ってプレーしているわずかな時間で、
見る者の心に深く残るプレーをするっていうあたり、
彼らしいなって思ったね。
 
 
17歳の高校2年生がデビュー戦でゴール、という
素晴らしいインパクトを残したけど
 
まだまだ宇佐美には課題が多いから、
もう少し気長に成長を見守りたいところやね。
 
 
 
長々と宇佐美について書いたけど、
試合の方はどうだったのかというと…
 
 
ガンバ大阪12FCソウル
 
 
え~、逆転負けです(;一_一)
 
あんなに試合終了間際で、
自ゴール前でドタバタする試合、久しぶりに見たわ。
 
この試合は、消化試合っていう事もあって、
若手主体の先発メンバーやったから、
彼らの若い部分が出た結果かもね。
 
 
でも、負けたとはいえ、倉田と武井の2人から、
与えられたチャンスをモノにしようとする
必死さが伝わってきたのが嬉しかったね。
 
反対に、安田と播戸の、かつてのレギュラー組には
もっと奮起してもらいたかった。
 
もう、播戸に至っては、何しに試合に出てんのかもわからんかった。
 
 
でも、この試合で、一番残念だったのは、
交代枠を1つしか使わなかったアキラかなぁ…
 
GL首位通過はすでに決まってるんやし、
そんなに無理して勝ちにいく必要はなかったんちゃうかな?
 
っていうか、勝ちにいくんやったら、
今日の播戸を90分使ったのも意味不明やわ
 
平井も、もうちょっと長い時間見たかったし、
大塚や晃大にもチャンスを与えてほしかった。
 
その辺が不満やね。
 
 
 
まあ、なにはともあれ、
宇佐美っていう収穫もあったことやし、
今日の敗戦は、あれはあれでよかったと思う。
 
この敗戦を、今日の試合に出た、
未来のガンバを担う選手達がどう活かすかが重要やね。
 
 
 
次のACLのROUND16で、ガンバは、
同じJリーグ勢の川崎フロンターレと対戦します。
 
 
正直、浦項と対戦するもんやとばっかり思ってたから、
ビックリしてると同時に、やりにくさも感じるけど、
 
ここは開き直って、「いずれ倒さなければならない相手やし、
早い段階で潰せるからラッキー
」って考えましょう。
 
 
フロンターレとの対戦は、万博では相性がいいので、
是非とも勝ちたいところやね。

まあ、その頃には、レアンドロは無理にしても、
加地と二川は戻って来れるやろうし、
勝機は十分にあると思うわ。
 
 
 
最後に、6月24日のACL ROUND16までに、
新型インフルエンザの混乱が収まっていることを願いたいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
 
 
 
コメントを投稿