2009年5月3日

聞いてた以上に深刻なガンバユース

 
今日は、長居第2陸上競技場に、
プリンスリーグの試合を見に行ってきました。
 
今年初のユース観戦です。
 
 
で、結果はというと…
 
 
ガンバ大阪02セレッソ大阪
 
 
…負けましたorz
 
 
今年のガンバユースは、
去年の3年生が抜けた穴が全然埋めれてなくて、苦しい戦いが続いている
って聞いてはいたけど、
実際に見てみたら、かなり深刻そうやったわ。
 
 
まず、攻撃陣は全然パスが繋がらん。
 
なんか、パスの出し手と受け手の息が全然合ってなくて、
選手同士が、どこにパスを出せばいいのか、
どこでパスをもらえばいいのかっていう共通理解を、
模索しながら攻撃してるような感じやったわ
 
そんな状態にも関わらず、ガンバユース伝統の、
繋ぐスタイルのサッカーをするもんやから、パスミスのオンパレード…
 
キツイこと言うようやけど、
俺が見に行ったユースの試合の中で、1番酷かったわ。
 
 
 
そして、守備。
 
あれだけ攻め込まれながらも、
2失点で食い止めた粘り強さは評価できるけど、
 
セレッソのセットプレーの度に、
ドフリーの選手を作ってしまうのは「どうなん?」って思ってしまった。
 
 
つまり、
 
宇佐美がいなくなって、局面を打開できなくなった。
大塚がいなくなって、前線で起点がつくれなくなった。
田中がいなくなって、中盤の展開力が無くなった。
菅沼がいなくなって、セットプレー時の守備に綻びが出た。
ブルーノがいなくなって、DFラインの裏へ飛び出す選手がいなくなった
 
こんな感じで、攻守両面にわたって酷かったわけです。
 
 
 
まあ、でも、良い部分はあるにはあった。
 
攻撃面では、大森が素晴らしかった!!
 
パスが繋がらない中、
強引なドリブル突破で、果敢に局面を打開しようとする姿は感動したね!
 
セレッソの坂口も良かったけど、
今日の試合でピッチに出てた22人の中で、
1番クリエイティヴなプレーを見せていたね♪
 
 
 
守備に関しては、やっぱり内田は素晴らしい。
 
今日の試合が2失点で済んだのも、彼の実力に拠る所も大きいやろうね。
 
4バックとは言うものの、実際は内田一人で守ってるようなもんやったし、
代名詞である、DFラインからのロングフィードも冴えてたわ。
 
今年は大変なシーズンになりそうやけど、
キャプテンとして、うまくチームをまとめていってほしいね。
 
 
 
と、まあ、今の段階では、
こんな感じでネガテイヴな要素ばかり目につくけど、
この世代は、選手として一番伸びる時期。
 
もしかしたら、
秋頃には見違えるようなチームになってる可能性だってあるわけやから、
そうなるためにも、日々の練習を精一杯頑張って欲しいね。
 
 
頑張れ、ガンバユース!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
  
 
 
 
コメントを投稿