2009年5月28日

欧州王者はバルセロナ!!

 
 
0マンチェスター ユナイテッド
 
 
ごちそうさまでした。 満腹です。
 
 
いや~、正直、もっと拮抗した内容になるかなと思ってたけど、
内容も結果も圧倒的にバルサやった。
 
チャンピオンズリーグ決勝という大舞台で、
あんなにスペクタクルなパスサッカーを披露できる
チーム力にも脱帽やったし、
 
あのマンUを手のひらで転がせるチームがあるのか
っていう点で、衝撃的な試合やったね。
 
 
 
バルサは、両SBが出場停止のうえ、
CBのヤヤ・トゥレも急造感が否めんから、
マンUの攻撃陣を止められるかなぁって思ってた。
 
実際、試合の序盤はマンUペースやったし。
 
まあ、結果論になるけど、
あの、ロナウドのFKのこぼれ球をパク・チソンが決めてたら、
また違う結果になったんとちゃうかなぁって思う。
 
 
 
序盤は、劣勢やったバルサやけど、
 
イニエスタのパスを受けたエトーが、
ドリブル突破から、シュートを決めて、
バルサが先制!!
 
あそこで1対1の勝負を挑んだのも凄いけど、
アウトサイドであんな狭い所を狙う技術の高さに驚愕やわ。
 
この試合を、現地に見に行ってる播戸にも、
中断明けからこれぐらいやってほしいもんやね。
 
 
 
序盤は劣勢やったバルサやけど、
先制した後は、バルサが圧倒的にボールを支配して、
ゲームをコントロール。
 
このチャンピオンズリーグの中継の合間に流れていた、
NIKEのCMのキャッチコピー
『そのワンプレーで火をつけろ』の言葉通り、
あの、エトーのゴールでバルサに火がついたみたいやね。
 
 
特に、この日のイニエスタはキレキレ。
 
戦前では、ロナウドvsメッシって言われていたけど、
この日のピッチで一番輝いていたのは、
この2人じゃなく、イニエスタやったと思う。
 
 
さらに、俺がびっくりしたのは、
プジョルと、ヤヤ・トゥレの同時オーバーラップ。
 
4バックの両SBが同時に上がることはあっても、
右SBと右CBという、同じサイドにいる2人が同時に上がっていくなんて、
バルサ以外では見たことないね。
 
 
 
そんなノリノリのバルサとは対照的に、
マンUはメンタルを削がれていってるような感じやったね。
 
中盤で全然ボールが奪えんから、攻撃できへんし、
その結果、ロナウドが完全に前線で孤立してた。
 
 
 
そんな状況で、ファーガソンは、
後半開始から、テヴェスを投入。
 
さらに、後半21分にはベルバトフを投入して、
なんと、ロナウド、ルーニー、テヴェス、ベルバトフの
4トップが完成!!
 
こんな布陣、ウイイレでもやらねぇよ(^_^;)
 
 
 
と、そんなマンUの布陣に苦笑いしてたら、
 
シャビの右サイドのクロスを、
なんと、メッシがヘディングで合わせて、
バルサが2点目!!
 
なんとかボールに届こうと、
体を目一杯伸ばしたメッシの姿が、
健気やったわ。
 
 
 
この後も、バルサは勝っているのにも関わらず、
時間稼ぎをすることなく攻め続け、
 
3シーズン振り3度目の欧州王者に輝きました!!
 
 
 
試合後、ビッグイヤーに
バルセロナの名前を刻むシーンが良かったね♪
 
 
いや~、眠い目をこすりながら見る価値のあった試合やったね。
ホンマに面白かったわ。
 
 
これで、バルサはCWCに出てくるわけやけど、
ガンバも、今年またACLで勝ったら、
バルサと試合ができるかもしれへんのよね。
 
その舞台に立つためにも、
これからのACL決勝トーナメントは、
今まで以上に気合い入れて応援せなあかんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ
 
  
  
 
 
 
コメントを投稿