2008年10月11日

実におもしろい

 
観に行ってきました、『容疑者Xの献身』
 
   
いや~、映画っておもしろいね(^.^)
 
前にも書いたけど、俺はこの映画の原作のファンやったから、
『容疑者Xの献身』が映画化されると聞いて、楽しみでしかたなかったんやけど、
福山雅治は、見事に俺の期待に応えてくれました。
 
 
ドラマ版のガリレオの福山雅治は、
感情に流されずに、機械的に事件を解決する湯川学を演じてたけど、
この、『容疑者Xの献身』は、今までの湯川と違って、
感情的な表現が多くて人間臭い作品やから、映画ではどうなるのかなと思ってたけど、
ドラマ版の雰囲気や世界観をうまく残しつつ、新しい湯川をうまく演じてたなと思う。

 
 
個人的には、石神役の堤真一がかっこよすぎるかなと思ってたんやけど、
実際に映画で観てみると、かなりのはまり役やったのには驚いたね。
堤真一の迫真の演技を観て、やっぱり役者ってすげぇなって思ったもん。
 
あと、花岡靖子役が松雪泰子っていうのは、キャスティングを見た瞬間、
「やっぱりな」って思ったぐらいのはまり役やね。
実際に小説を読んだ時に、俺が花岡靖子にもったイメージとほとんど一緒やったし、
映画を観てても、この役は松雪さんしかおらんなって思った。
 
 
ひとつ気になったのが、原作には、石神と湯川が雪山を登山するなんてシーンは無かったし、
俺も観ながら、このシーンはいるのかなって思ってたけど…
映画の最後の方で、なんでこのシーンを作ったのかは理解できた。
でも、俺個人の意見としては、このシーンはあってもなくても良かったように思う。
 
まあ、でも気になったのは、このシーンだけで、それ以外はかなり良かったように思います。
原作のファンとしても納得できる映画やと思います。
 
 
 
え~っと、なんかエラそうに映画を評論していしまいましたが、
実際、俺はほとんど映画を観ない人なんで、
あくまで素人の意見としてスルーしてもらって結構です。
 
今回は、阿倍野のアポロシネマに観に行ったんやけど、
アポロで映画観るのってめっちゃ久し振りやったから、なんか新鮮やったわ。
多分、高校生の時に『ターミネーター3』を観に行って以来とちゃうかな。
映画を観に行くこと自体も、クソおもんなかった『ゲド戦記』以来やったわ。
あれは、布施で観たんやったかな?
 
まあ、なんにせよ、久々に映画観に行って結構おもしろかったんで、
また観たいと思う作品があれば映画館に行こうかなと思います。
 
 
 
 
 

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
 
 

 
 







コメントを投稿