2008年12月13日

トルシエの予想、外れる

 
 
パチューカ4-2アル・アハリ
 
 
いや~、いい試合やった(^.^)
 
両チームとも、足元の技術に秀でてる選手が多いし、
中盤での攻防も見ごたえがあった。
 
でも、それ以上に、大陸王者同士のプライドが激突してるっていう
気迫が伝わってきてたね。
 
いよいよCWCらしくなってきたわ。
 
 
 
前半はアル・アハリのペース。
 
パチューカの3バックのサイドのスペースを巧く突いて、
1点目、2点目と立て続けに奪ったわけやねんけど、
 
両方の得点に絡んでた、アブトレイカが巧い!!(゜o゜)
 
特に2点目の、自分の背中の方向から飛んでくるボールを
ワンタッチでコントロールして、
前方のスペースに絶妙なスルーパスを送ったシーンは、素晴らしかった(*^^)v
 
 
エジプトは、他のアフリカの国々と違って、経済的に豊かやから、
こういう優秀な選手を国内に置いておけるっていうのは大きいね。
 
その辺が、エジプトの国内リーグが他のアフリカの国々と比べて
繁栄してる理由やろうね。
 
 
で、前半は2-0でアル・アハリがリードして終了。
 
 
 
この試合のゲストにはトルシエが来てたんやけど、
羽鳥にコメントを求められて、一言
 
「2点取ってるのでアフリカのチームが勝つと思います」
 
まあ、妥当な意見やろね。
 
 
 
後半開始の前に、パチューカは選手交代。
ピント→ロハス、コレア→モンテス
 
この交代が功を奏し、サイドが活性化したパチューカ。
一気に試合の流れを引き戻す。
 
そして、FKから、モンテスとヒメネスが決めて
パチューカが同点に追いつく!
 
 
なんか、前半とはまるで別のチームになったパチューカ。
面白いようにパスを回し始める。
 
その中で、パチューカがパスを回す度に、
観客席から「オーレ!!」の掛け声が聞こえてくるのはなんか新鮮やったね。
まさにラテンのチームっていう感じで
 
しかし、アル・アハリもキャプテンのシャディを中心に必死のディフェンス!
勝ち越し点を許さない!!
 
 
そして、2-2の同点のまま後半終了。
CWC初となる延長戦に突入。
 
 
 
延長戦前半、アル・アハリはモアワド、ヤセルを投入。
 
しかし、流れは変わらず、依然パチューカペース。
 
すると、延長前半8分、左サイドから再三チャンスを作り出していた
パチューカのアルバレスが勝ち越しゴール!!
 
試合の最初から観てたけど、このアルバレスはホンマに上手い!!
1対1になったら、絶対仕掛けるし、見てて面白い選手やね。
 
 
そして、延長後半にもヒメネスが決め、
4-2となったところで試合終了!!
 
パチューカが準決勝進出を決めました!!
 
 
 
試合後のトルシエのコメント…
 
「勝った方が強いという事です」
 
いや、それを言ってもうたら解説いらんでしょ。
頼みますよ、トルシエさん
 
 
 
ちなみに俺は、この試合は途中から副音声の英語実況で観てました。
 
まあ、その理由は言うまでもないでしょう。
 
日テレの実況ウゼェ!!(-_-メ)
 
 
「パチューカが去年負けてロッカーで泣いた」っていう話と、
ヒメネスの息子の話、何回すんねん!!
 
日テレは、毎年、独占中継してる割に、
全然中継のレベルが進歩しないのはなんでやねん!!
 
でも、どっかのACLの放映権を独占してるTV局とは違って、
頑張って放送する気があるっていうのは評価したいけどね。
 
 
 
そして、明日はいよいよガンバの登場です!!
 
現地の天候は雨みたいやね。
 
でも、さっきのCWC中継後にガンバの練習風景が映ってたけど、
トヨスタの天井閉まってたから、多分雨に濡れる心配は無いかなと思います。
 
日テレの中継を見てると、
気分はすでに欧州王者(あえて名前は言わない)との試合に向きまくってるけど、
とにかく、目の前の敵である、アデレードに勝利して欲しいね。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ  

 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿